スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬生論

今日は月に一度、クウスケにフィラリアの予防薬を飲ませる日だ。

何でも予防薬を飲まずに三夏を過ごすと、犬はほとんどの確率でフィラリアに罹ってしまうらしい。なので、絶対に忘れるわけにはいかない。

0711020003.jpg

クウスケがうっとりと見つめている四角いかたまりがその予防薬。

ヤクをうっとりと見つめるなんて何かしらヤバげな感じだが、実はクウスケにとって月に一度のこの薬の日は、月に一度の缶詰ゴハンの日でもあるのだ。

0711020004.jpg

いつもはドライフードしか食べせてもらえないクウスケにとって、この日はとってもスペシャルな日。そのことをちゃんと理解しているので、この状態ですでに舌なめずりが止まらない。

大事なことはなかなか覚えようとしないくせに、こういうことだけは教えなくても進んで覚えるというのはどうなのだろう。

飼い主としてはそこに若干の不満が残るが、考えてみると自分も昔、親や教師に同じようなことを言われていたような覚えがあるので、何も言うまい。

0711020005.jpg

ここでしばしの「マテ」タイム。

かわいそうと思われるかもしれないが、実はこれもクウスケのためだ。何でも簡単に事が運んだのでは、感動が薄れるし、感謝もしない。そういう子には育てたくない。心から『ありがとう』が言える息子になってほしい。

でもまあ今日はこれぐらいでいいだろう。

「ヨシ!」

0711020006.jpg

がっつくながっつくな。ビンボーがばれてしまうだろうが。

それにしてもやはりドライフードより缶詰のほうがおいしいのだろう。食べる勢いがまったく違う。あまりにも美味しそうに食べるので、見ていて嬉しいというよりは、何だか切なくなってしまう。

0711020007.jpg

あっというまになくなってしまった。

が、ここからまだしばらくのあいだは残り香を楽しむようなので、器はおいといてやらなければならない。片付けようとすると、「やだやだまだお別れしたくないの」とでも言いたげな、とても切ない目であたしを見るのだ。

0711020001.jpg

どうやら満足したらしく、惰眠をむさぼり始めるクウスケ。

今日は天気もすごくいいし、大好きな山道も歩いたし、苦手なネコにも遭わなかったし、(薬入りだけど)美味しいゴハンもおなかいっぱい食べたし、いい一日だなあとでも思っているに違いない。

こんな日が毎日続けばいいな、働かないで遊んで暮らせるなんて犬ってサイコー!

もしもそんなフザけたことを思っているのだとしたら、それは大きな間違いだ。生きるというのは、そんなに甘いものではない。いいことばかりは続かない。

あたしは昔そんな簡単なことさえ知らなくて、自分を運のいい人間だと信じ、ヒャッホーヒャッホーと浮かれていたところ、いきなりどん底に落っこちてしまったことがある。

あのときはほんとうに辛かった。

おそらく人生というのは、いいことと悪いことがチャラになるようにできているに違いない。

だからまあ逆に言えば悪いことが続いてもそう悲観することはないわけで、自分で自分を諦めさえしなければ、そのうちぽつぽついいこともめぐってくるわけだ。

あたしはそう信じて生きている。

とろろ

と、そんな持論を今日クウスケが身を持ってあたしに証明してくれた。

いいことづくめの一日に浮かれ、惰眠をむさぼっていたクウスケに、不幸は音もなく静かに忍び寄っていたのである。

0711020002.jpg

どうする?クウスケ。




いつもクリックありがとうm(__)m。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーサイト

招き犬グーチャン

犬には犬好きが分かるというが、それが本当かどうかはともかくとして、あたしはけっこうご近所の犬たちと仲良しだ。

なかでもグーちゃんは韓流スターを空港で迎えるおばさんファンみたいに、あたしを大歓迎してくれる。

0711030001.jpg

招き猫ならぬ、招き犬。頭をぐしゃぐしゃに撫でてやるまで、こうして「おいでおいで」してくれるのだ。かわいすぎ。

四本足が基本の犬のこと。しんどいだろーなーとは思うのだが、あまりにもかわいいので、いつもしばらく放っておいてしまう。

するとちょっと拗ねはじめるグーちゃん。

0711030002.jpg

静止画なので分かってもらえないのが残念なのだが、喉から奇妙な声が出ている。人語で言うと、「いやんいやん」みたいな感じ。まああんまりそんな声聞いたことないけど。自分で出したこともないし。出したらダンナに迷わずバイクで轢かれちゃいそうだし。

で、それでもかわいいので放置しておくと、グーちゃんは次の作戦に出る。

0711030003.jpg

「いやんいやん」から「お願いお願い」へ。

……かわいすぎるだろ、これ。たまんねー。……って変態?あたし変態?

そしてあたしはこのあとカメラなんて放ったらかして、まるでロスの空港で別れを惜しむ恋人同士のように、グーちゃんをひっしと抱きしめてあげるのだ。

幸せだーっ!(たぶんグーちゃんも)。

とろろ

ちなみにグーちゃんちからの帰り道には、こんなのもいる。

0711030004.jpg


絶妙のバランス。すごいね。でも落ちないでね。




0711030005.jpg

……なんか練習する?ブログのために。




いつもクリックありがとうm(__)m。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ





ヤンキー陶芸に触れる

昨日は朝から友人である『幡多郷(はたご)』のおかみのお誘いを受けて、四万十川の上流にある旧大正町まで行ってきた。

この長距離ドライブには、おかみの二歳になるご子息も同行。ご子息はどうやら生きる目的の半分以上がジュースを飲むことにあるらしく、何かと言うと「じゅーちゅじゅーちゅ」とおっしゃられる。なので勝手に『ジュース王子』と呼ぶことに決定。

そんなジュース王子を連れての長距離ドライブの目的は、『四万十川での日々徒然』というブログをやっておられる奥の家♂さんの陶芸作品を見に行くことだ。

なんでも昨日が釜出しの日だということを、おかみが奥の家♂さんのブログで知ったらしく、コメント欄で見に行きたいと書いたところ、快諾してくださったとか。

0711040005.jpg

四万十川を片側に見ながらの快適ドライブ。

初めていく場所でもあるし、あたしが極度の方向音痴でもあるので、おかみが助手席で地図を見ながらナビ係をつとめてくれた。

が、このナビ係の欠点は、機械と違ってすんごく怖いこと。ほんのちょっと間違えただけで、ものすごい勢いで蔑まれてしまう。

「次、右やったっけ?」
「はあ?(あんたバカじゃないの、このあたりくるくる回る気なの、前に進む気あんのかよてめーは)」
              
カッコ内はあくまであたしの予想するおかみの声に過ぎないが、たぶん間違っていないと思う。

とろろ

そんな恐怖にさらされつつも、少し遅れて現地に到着したときには、すでに釜から作品を取り出す作業は終わり、下のような状態になっていた。圧巻。

0711040001.jpg

共同で使われている釜なので、いろんな方々の作品がある。そのぶんそれぞれの個性が強く、面白い。なかにはシーサーなんかもあり、どうやら王子はジューチュを忘れて気に入られた模様。

0711040003.jpg

奥の家♂さんとは初対面だったがすぐに打ち解け、釜にも案内してもらった。聞くとひとりも本職の方はおられないらしく、釜番も交代でされるらしい。

「僕は夜の釜番が好きなんですよ。暗闇のなかで揺れる火とか、薪の燃える音とか、そういうのすごく落ち着くんです」

こんなセリフがうちのダンナの口からいつか発せられる日がくるだろうか。いや、考えるまでもなく無理だろう。バイクと食べ物と犬のことしか考えていないんだから、絶対に無理だ。

0711040002.jpg

で、これが奥の家♂さんの作品。お皿やお椀はイメージ通りに焼けないことが多いらしく、この形がいちばんしっくりくるらしい。

「でも家に持って帰ると、ガラクタ扱いされるんです」

奥の家♀さんもなかなかシビアな方らしい。が、うちなんかダンナ本体を『ガラクタ扱い』することもあるので、奥の家♂さんはまだましなほうだ。あ、そう言って励ましてあげればよかったな。

0711040004.jpg

このお地蔵さんに癒された。見ているだけであたしのなかのヤンキー臭がどんどん抜け落ちていくようだ。

作られたのは、うちの母親くらいの年齢の女の方だった。ふわりとした雰囲気の、それこそこの作品そのもののような感じの人。あたしがこのお地蔵さんを好きだと言うと、両手を合わせて「ありがとう」と言ってくださった。

・・・・・おかんにも陶芸始めさせようかな(真剣)。

とろろ

と、そんな楽しい日曜日の後半は、長くなったので明日へと続く。




0711040006.jpg

……それが飼い主を迎える態度なの?




いつもクリックありがとうm(__)m。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

超音波王子

昨日の続き。今日は王子中心。

子供がいないあたしには、子供がおもしろくて仕方がない。だから自然とカメラで王子ばかり追っかけてしまう。

実は作品を見せていただいたあと、厚かましくもあたしたちはお昼ごはんまでごちそうになったのだが、王子は数あるメニューのなかで、玉子焼きがお気に召した模様。

0711040007.jpg

左手に持っているのが、その玉子焼き。たぶんこれ、三個目。

王子は『ジュース王子』ではなく、『玉子王子』という文字表記的には実に読みづらい王子になってしまった。困ったぞ。空気読んでよ、王子。

0711040008.jpg

と、そんなことは知ったこっちゃない玉子王子は、奥の家♂さんとおかみが話に夢中になっている足元でも、玉子焼き。カメラ目線で、玉子焼き。

玉子焼きは王子の生きる力。王子は玉子焼きの力で動くのだ。

これがその証拠写真。

0711040009.jpg

四つんばいで道路を横断するという、田舎ならではの運動にいそしまれる王子。こんな光景、初めて見た。野生動物たちも、これでは怖くて出てこられないことだろう。

おかみは王子を賢く育てたいらしいのだが、諦めたほうがいいのではないだろうか。どっちかというと、あんまり頭がよくな……肉体派なのではないだろうか。残念ながら。

とろろ

そして奥の家♂さんや他の皆様にお礼を言い、工房を後にしたのだが、玉子焼きで満タンチャージしてしまった王子の勢いは車のなかでも止まらない。

なので少しぐったりおねむになってもらうために、急きょ『轟公園』へと寄り道することにした。

0711040011.jpg

玉子焼きパワーで爆走される王子。

0711040014.jpg

木と密談を交わされる王子。

0711040010.jpg

そんな王子を石の風車も(迷惑そうに)見守っている。

とろろ

「これで寝るやろ」
「そうだね」

そんな大人たちの思惑をよそに、走りまわって逆にテンションの上がった王子は、ますます元気炸裂状態になってしまった。

おかみが無理やりチャイルドシートにくくりつけると、超音波みたいな声で絶叫する。

「抱っこ抱っこ抱っこ抱っこ抱っこぉぉぉぉぉーっ!」

思わずハンドルを崖に向かって切ってしまいそうになった。危ない危ない。いくら方向音痴のあたしでも、崖方向が間違ってることくらいは理解できる。

「ねんねは?ねんね」

必死に王子をなだめるおかみ。がんばっておかみ。でないと死ぬぞ。

「ねんねでしょ、ねんね」
「抱っこ!抱っこ!抱っこ!抱っこ!」
「抱っこはだめでしょ。ねんねでしょ」
「抱っこ!抱っこ!抱っこ!抱っこ!」
「あ、そうだ。ジュース飲む?ジュース」
「抱っ……ジューチュ?」

お、超音波が止まったぞ。さすがおかみ。そしてさすがジュース王子。脳の中が抱っこからジュースにすり替わったみたいだ。

「ジュース飲もうね。何ジュースがいい?リンゴ?バナナ?」
「バーナ」
「そっか。バナナがいいの?じゃあバナナジュース飲もうね」
「バーナ」
「わかったわかった。もうちょっと走ったらコンビニあるから、ジュース買おうね」
「ジューチュ」
「うん。もうちょっと待っ」

「ジューチュ!ジューチュ!ジューチュゥゥゥゥ!」

……結局、超音波やん(´∀`;)。

とろろ

そんななか運転に集中するのはとても困難を極めたが、なんとか無事に家にたどり着くことができた。子供ってすごいね。超音波が使えるんだね。

でもまあぜんぶ含めて、楽しい日曜日を過ごさせてもらった。パパになった気分だった。あんな怖い嫁はいやだけど(おまえが言うなっていうツッコミはなしの方向で)

0711040012.jpg

最後に奥の家♂さんはじめ、皆さん本当にありがとうございました。またお会いできるといいですね。




いつもクリックありがとうm(__)m。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

ひまコンビ

昨日はなーーーーーんにもやることがなかったので、『クウスケ観察』で半日をつぶしてみることにした。

まずは朝の散歩のあと。

20071108125319.jpg

大満足でぐっすりと眠っている。二時間ほどぶらぶらと散歩したので、疲れ切って、おそらく夢さえ見ていないだろう。

ちなみにこれは小屋の裏側。立派な小屋を与えてやっているのに、なぜこんな裏切り行為のような寝方をするのだろう。小屋には毛布だって敷いてやっているのに。

とろろ

次に午前11時。

20071108125243.jpg

ぐっすり眠って体力が復活したらしく、おもちゃを使ってひとり遊び中。遊びと言っても、目的は布を噛みちぎって、中綿を庭にばらまくこと。テロリストか、おまえは。掃除するほうの身にもなってみろ。

ちなみに何を与えたところで目的は破壊活動なので、高いおもちゃなど与えてやる必要はない。ちなみにこれも100円ショップで買ったもの。ありがとうダイソー。こんなド田舎にも開店してくれて。

とろろ

午後12時。

20071108125254.jpg

あたしがリビングでお昼ごはんを食べているのを、うらめしそうに網戸の向こうから見つめている。

・・・・・って、食べにくいわっ。

とろろ

午後1時。

20071108125303.jpg

なにやら気配を感じたらしく、警戒態勢。塀の向こうに敵方発見。

20071108125312.jpg

分かりづらくて申しわけないが、矢印のところに猫がいる。後ろ姿から察するに、どうやら「来るな来るな」と祈っているようなのだが、祈ってどうする。犬なら吠えろよ。威嚇しろよ。

とろろ

午後2時。

20071108125223.jpg

爆睡中。飼い犬の寝顔がかわいいと思えないのは悲しいことだ。

とろろ

午後4時。

20071108125234.jpg

破壊活動再び。

それにしてもこんなに同じことばかり繰り返していて、飽きないのだろうか。寝て起きて食べて遊んでばっかりじゃないか。あたしとちっとも変わらないじゃないか。

でも最近ブログを始めたぶん、あたしのほうが一個やること多いぞ。わーい勝った勝ったー。

とろろ

午後5時。

20071108125327.jpg

縁台の上でとーちゃんの帰りを待つ。少し高くなっているので、小さなクウスケでもここからだと外の様子が見えるのだ。

半日観察してよく分かったのだが、クウスケを見ていると平和を感じる。それだけでも犬って偉大だと思う。

071108.jpg

早くとーちゃんが帰ってきて、いっしょに散歩に行けるといいね。

それにしてもヒマな一日だったなあ。




いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

家紋ジェネレーター

最近は朝の散歩をしながら、「今日はブログに何を書こうかな」と考えることが多い。

20071109133228.jpg

それまであまり頭を使うことがなかったので、これはかなりいい傾向だと思う。

それでなくても最近、我が脳みそに老いを感じつつあった。いつだったか、ブラジャーをしたままお風呂に浸かってしまったことがあったのだが、あのときはさすがに永遠にここから出ないことが家族のためなのではないかと考えたりもした。

071109.jpg

そんな脳活性化のための理由に加えて、最近は天候もとてもいいので、どんどん歩く距離が伸びている。散歩を超えて、トレーニング化しているといってもいいくらいだ。

20071109133245.jpg

それでもさすがにこの階段にトライしたことは後悔した。ひとりなら確実に引き返すところだが、「何しとんねん、はよ来んかいや」みたいな顔で待ってるやつがいるので、そうもいかない。くそーあたしも四本脚になりたい。

と、そんな散歩の途中であることを思い出した。

ごんたさんのブログで知った『綾鷹』というお茶のサイトのことだ。

確か名前を入力するとオリジナルの家紋を作ってくれるんだった。いつかやろうと思って、忘れていた。思い出せたのはやはり、脳が活性化したからに違いない。いいぞがんばれ、あたしの脳みそ。忘れてたって思いだせさえすればそれでいいのだ。

とろろ

というわけで、さっきさっそくごんたさんのブログから『綾鷹』のサイトに飛んでみた。名前と生年月日を入力してクリックするだけで、家紋だけでなく、家紋診断なるものも表示してくれる。

ちなみにあたしの家紋は『ハイビスカス』だった。こんなのだ。

20071109133235.jpg

まあ確かにかわいいといえばかわいいのだが、ハイビスカスが家紋というのは、なんとなくおめでたすぎないだろうか。重みがないというのか、脳天気というのか、友達に「いかにもおまえやな」とか言われちゃいそうでいやなんですけど。

と、不満たらたらだったのだが、家紋診断の結果を読んで、あたしはあっさりとハイビスカスを受け入れる決心を固めた。

その診断結果がこれだ。

      下

『ハイビスカス紋のあなた。南国に咲く花のようにいつも明るくおおらかで周囲の人々にゆとりと癒しを提供する才能を持っています。争い事を好まず、平和を愛する素晴らしい性格です。小さな事を思い悩まず、明るく前向きに進めば、素敵な人生が歩めるはず。これからもその笑顔を忘れずに・・・』

      下

このブログを読んで、もしも少しでもあたしのことを知りたいと思ってくださる方がいらっしゃるなら、難しいことは何も考えず、上の文章をそのまま丸暗記してください。

      下

ここは癒し系ブログです。




20071109133218.jpg

……なんだ、クウスケ。言いたいことがあるなら、言いなさい。




いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

女の子の大事

なんだってそうだが、直すならぜったいに早いほうがいい。

たとえば散歩のとき、クウスケのリードはなぜかよく絡まるのだが、すぐに直せば二、三秒でまっすぐになるものが、放っておくとお団子状態みたいになって、戻すのにめちゃくちゃ手間がかかる。

電化製品だって、服のほつれだって、パソコンの不具合だって、ぜんぶそうだ。放っておくと、やはり直すのに時間がかかるし、ときには修理不可能になったりすることだってある。

同じようなことが、人の心にも言えると思う。

心のダメージも、ちょっと痛いなと思ったときに直したほうがぜったいにいい。ちょっとくらいの故障なら、案外簡単なことで直る。でも故障がひどくなると、自分自身ではどうしようもなくなることだってある。

そんな話をさっき、Sヤンとした。

Sヤンには今年になって胸を痛める出来事が多く、ときどきひどく沈んだ声でうちに電話をかけてくる。

「こんなときだけ電話して悪いな」

そんなうっとうしいことをSヤンが言うので、上のような話になったのだ。

とろろ

言っておくがSヤンは、決して暗い女の子ではない。

二十歳になって初めての春、あたしたちは元ヤン大集合で公園でお花見をしたのだが、そのときSヤンは自転車の前カゴいっぱいに、ケンタッキーフライドチキン(これも田舎にはないんだよなあ。食べたいなあ)を買ってきてくれた。

花見はすごく盛り上がった。

夜十一時を過ぎたころには、ビールの空き缶がまるでビル街みたいにあたしたちの周囲に立ち並び、メンバー数人が酔いつぶれて転がり、なぜか一匹の野良犬が宴会の輪のなかにいたりもした。

そんな楽しい花見だったので、きっとテンションが上がったのだろう。

Sヤンは突然自転車にまたがり、公園内を暴走しはじめてしまった。危ないと言って止めたのだが、きかなかった。

そして案の定Sヤンは、一メートル弱くらいの高さの公園の柵にノーブレーキで自転車ごと激突してしまった。

ゴン!という低く鈍い音と、ガシャン!という高い音がしたのを覚えている。

あわててM田と助けに行くと、Sヤンは体をくの字に曲げて、うんうん唸って苦しんでいた。ただごとではない感じだった。

「どこ痛いねん?」

あたしたちが訊くと、Sヤンはくの字の体のまま、半泣きの声でこう繰り返した。

「あっこ、あっこ、あっこ、あっこ」

言っている意味はよく分からなかったが、Sヤンが親切に指さして教えてくれたので、言いたいことは伝わった。

女の子のとっても大切な『あそこ』のことだった.。

こみあげる笑いをこらえつつ、それでも優しいあたしとM田はタクシーを拾い、Sヤンを救急病院まで連れて行ってあげた。

病院に着くとSヤンは、すぐにレントゲン室へと運ばれていった。

そして出た診断結果はというと。

…………
………
……


恥骨骨折。

あたしとM田はもう笑いを抑えることなんてできなかった。深夜の病院の処置室の床に這いつくばり、呼吸困難になるほどあたしたちは笑った。死ぬかと思った。

「笑いごとじゃありませんっ」

看護士さんがそう言ってあたしたちを叱りつけたらしいのだが、残念ながらあたしたちの耳には届かなかったらしく、あたしの記憶には残っていない。

とろろ

そんな思い出話を電話でして、さっきもSヤンとめちゃくちゃ笑った。

めちゃくちゃ笑ったあとのSヤンの声は、最初の声よりはるかに明るくなっていた。もしかすると少しぐらいは、故障が直ったのかもしれなかった。

「ありがと。なんか元気でたわ」

Sヤンが最後にそう言ってくれたので、やはり少しはよくなったのだろう。

とろろ

ところで完全に余談になるが、Sヤンの骨折事件のあと、あたしたちのあいだでは『恥骨骨折』を三回繰り返すという早口言葉が流行した。

けっこう難しいので、よかったらトライしてみてください(ただし誰もいないところでね)。




071110.jpg

……犬同士じゃないとわかんないこともあるんだろうなあ。




いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

ロマンチック欠乏症

昨日の夕方、港のほうへ散歩に行くと、ちょうど日が沈むところだった。

0711110001.jpg

雲の位置取りのおかげで放射線状に光が空へと伸び、ほんとうにすごくきれいだった。あたしは子供のころから空が好きなので、こういう光景に出合うと、それだけで得した気分になれる。

「きれいやね」
「ほんまやな」
「雲がうまいこと割れてるもんね」
「うん。なあ今日の晩メシ何?」
「え?K子さん(お隣りさん)からサバもらったから、塩焼きにしようと思ってるけど」
「サバかあ。ええなあ」

0711110002.jpg

山の向こうに日が沈んだとはいっても、頭上の空はまだ明るい。空が少しずつ色を落としていくのは、これからだ。その移り変わりは日々違うので、その日の空はその日だけの特別なものだ。そう思うと空から目が離せない。

「ねえ、海のほうに回ってみいひん?まだ太陽見えるんちゃうかな」
「うん、ええで。なあ塩焼きやなくて、揚げへんか?」
「は?」
「サバやんけ、サバ。ほら醤油味のやつあるやん。何やったっけ、あれ」
「竜田揚げ?」
「それそれ。俺、それが食いたいなあ」

0711110003.jpg

海側に回ると、やはりまだ太陽は見えていた。残念ながら水平線の間際に雲がかかり、沈む瞬間は見られなかったが、沈む寸前の太陽は、まるで線香花火のようなオレンジ色をしていて、きれいだった。

「すごいね、海に沈んでいくよ」
「ジュウってゆうたらおもろいのにな」
「はあ?」
「あ、そういうたら玄関のとこにイモあったやろ」
「うん」
「あれも揚げてえや。俺、ポテトフライも食いたいわ」
「ねえまさかとは思うけど、ジュウって言うて食べたなったんちゃうやろね?」
「さすが俺の嫁。鋭いなー」

0711110004.jpg

あたしはいったいこんなやつと、どうやって恋に落ちたのだろう。きっとこうしてトンビを見上げながらも、「トンビもから揚げしたらうまいんかなあ」とかそんなことしか考えていないに違いない。

……ロマンチック求む(大至急)。




0711110005.jpg

……おまえもかよ。




順位あがったよー。みんなありがとーヽ(*´∀`)ノ。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

犬恋

最近クウスケに散歩の主導権を与えてやると、必ず向かう場所がある。それは一匹の♀ワンコのところだ。

どうやらクウスケは彼女にをしているらしい。

0711120004.jpg

彼女の名前は『メリーちゃん』。羊みたいな名前だけど、ごらんのとおりもちろん犬だ。それもびっくりするほどフツーの雑種犬だ。

仲良くしてもらっている犬たちのなかにはかわいいシーズやシェルティだっているのに、なぜクウスケがメリーちゃんを選んだのかは、よく分からない。実はお色気ムンムンなのか、実家がお金持ちなのか、甘え上手なのか、きっと理由はあるのだろうが、とにかく謎だ。

でもまあよくよく考えてみれば、自分がダンナを選んだ理由だって今となってはさっぱり謎なので、きっと恋に理由など問うてはいけないのだろう(かっこいー)。


0711120008.jpg

メリーちゃんは古い港のそばに住んでいる。この道の突き当たりを右に曲がるとメリーちゃんがいるので、クウスケはいつも飼い主をぶっちぎって走っていってしまう。ぐすんぐすん。

0711120005.jpg

そしてどうやらクウスケは、『恋』という舞台においてのみ、根性なしではないらしい。会っていきなり唇を奪うという、女心を揺さぶりまくりの行動だってとれるのだ。おまえは市川海老蔵か。

0711120001.jpg

チューのあとは耳元で愛を囁いてみせるという海老蔵っぷり。「君のことは僕が守るよ」とかふざけたことをぬかしていたら、朝ゴハン抜きにしてやりたいのだが。

……まあおそらく、「ペットフードはドキーマン♪」とかそんなことしか言ってないとは思うけれど。

0711120006.jpg

それにしてもクウスケは、本当にメリーちゃんのことが好きみたいだ。体じゅうから愛があふれ出ている。こんなに誰かに想われたことが、一度でもあたしにあっただろうか。ちくしょう、絶対にない気がするぞ。

0711120003.jpg

ますます加速するクウスケの愛。海老蔵もびっくりのストレートな愛情表現。見ているこっちのほうが恥ずかしい。ちょっとは人目を憚ったらどうなんだ!と思うのだが、そういうことを言うとまた姪っ子に「昭和くさいねん」とか言われちゃいそうなので、我慢しよう。

0711120007.jpg

しかし冷静に眺めていて気づいたのだが、どうもこの恋にはかなりの温度差があるようだ。どう見てもクウスケが一方的に熱を上げているとしか思えない。逆にメリーちゃんには「ボウヤちょっと落ち着きなさいよ」的な余裕が見えさえする。

0711120002.jpg

というわけで、きっとクウスケはいつかフラれるだろう。しかしまあフラれることも勉強だ。フラれて、傷ついて、またひとつ優しくなれるのだ。

……ていうか、朝っぱらから犬のデートの付き添いなんて、あたしが一番悲しいやい!(´Д⊂ヽ。





いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

正直者

ヤンキーだったころ、あたしには悪事を働いたことが親や教師にバレそうになっても、確固たる証拠を突きつけられるまで、しらばっくれるだけの図太さがあった。

たとえば五人中四人が自白しても、あたしだけは吐かない。そういうことだって何度かはあったほどだ。
そんなあたしに、M田たちはいつも言っていた。

「生まれるときにチン●ンつけ忘れたんちゃう?」

……可能性あるかも。

とろろ

と、そんなあたしとは真逆のやつがうちにはいる。

たとえばあたしはこのブログを始めてから、毎日クウスケの写真を最低一枚は撮ることにしているのだが、昨日カメラを構えて庭に出ると、クウスケの後ろ姿が実に怪しかった。

0711150001.jpg

あたしを見るなり、シッポを下げてすごすごと庭の端へ逃げていく。怪しいでしょ、これ。怪しすぎるでしょ。

で、何をやらかしたのかと探してみると。

0711150002.jpg

大根の種を蒔くために肥料を混ぜて作っておいた畝に、くっきりとした足跡が。ばかばかしいくらい分かりやすい犯行の跡なので正直笑ってしまったのだが、種を蒔いたあとでこれをされるとさすがに笑いごとではなくなるので、心を鬼にして怒らなければならない。

こらこんかいっ。アホ犬!

0711150003.jpg

と、もちろんそんなことを言ったからって来るわけがない。怒られることは重々分かっているのだ。分かっているのになぜいつも同じ失敗を繰り返すのだろう。……って、これこのまえダンナにも言った気がするな。

0711150004.jpg

呼んでも来ないので、こっちから行ってやった。逃げることさえできないほど、体じゅうから力が抜けてしまったクウスケ。まるで貞子でも見るみたいな目であたしを見ている。

そんなに怖いのかな。ちょっと傷つくな。まだ何にも言ってないのに。

犬のしつけには『手を出す派』と『手を出さない派』があるようだが、あたしは絶対に『手を出さない派』のほうだ。口で言えばじゅうぶんに怒りは伝わる。ていうか、言わなくても伝わってるみたいだけど。

というわけで、手は出さないが本気で怒鳴る。言葉づかいは『関西風ヤンキー弁』が効くみたいだ。

何しとんじゃコラ入ったあかんて何回ゆうたら分かるんじゃボケがおまえの脳みそはくるみかドアホくるみやったら食うてまうど今度やったらしゃーきまわすからな。

……みたいな。うふふheart0

0711150005.jpg

ひとしきり怒鳴られたあとのクウスケ。小屋に避難し、完全に嵐が過ぎ去るのを待っている。顔が「もう怒ってない?怒ってない?」と言いたげなのがめちゃくちゃかわいい。

こんな顔が大好きなあたしは、もしかすると変態さんなのかもしれない。





いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

酒は呑め呑め呑むならば

今朝は珍しく食欲がなかった。理由はおそらく昨日飲んだボージョレー・ヌーヴォーのせいではないかと疑われる。

目覚めた瞬間から漂うアルコールくささに愕然とした。

こんなにもアルコールくさいなんて、もしかして自分は魔法か何かで『アルコールランプ』にでもされてしまったのではないだろうか。

0711160002.jpg

やっとの思いで口にした愛する女房の渾身のギャグを、「アホか、酔っぱらい」の一言で片づけようとするなんて、うちの亭主はなんて冷たい人なんだろう。うえーん気持ちが悪いよぅ。

0711160001.jpg

というわけで気持ちは悪いし、ギャグはウケないし、食欲もない最悪の朝なので、ヨーグルトの残りをパックのままでむさぼり食うことで朝食に代えることにした。おっさんかあたしは。

0711160003.jpg

それにしても、ボージョレー・ヌーヴォーは美味しかった。キビナゴのてんぷらとニラチヂミというヨーロッパ感皆無のアテで飲んでも、美味しかった。

ただしワインのよくないところは、いったんコルクを抜いてしまうと、ぜんぶ飲みほさねばならないという、使命感に燃えてしまうところだろう。抜いたコルクをもういちど戻して冷蔵庫にしまうなどという姑息なことは、潔さがウリであるあたしには決してできないことなのだ。

0711160004.jpg

というわけで、一本飲んじゃった。いやもちろんひとりでじゃないけど。ダンナとふたりで飲んだんだけど。

「飲み過ぎちゃう、あんた」
「いやおまえやろ」

お互いに罪をなすりつけ合うふたり。なんて醜い光景なんだろう。

0711160005.jpg

というわけで今朝はちょっぴり二日酔い。ばかばかばかばか!やんぴぃのばか!

おかげでお弁当づくりに力が注げず、冷凍食品祭りになってしまった。チン!チン!チン!チン!と、朝から何度電子レンジが鳴ったことだろう。

「踏切か!」

そんなツッコミを入れていたので、お昼にお弁当箱を開くまでもなく、ダンナはすでに『冷凍食品祭り弁当』を覚悟してくれているはずだとは思うが、ここできちんと謝っておこう。ごめんなさい。お弁当は嫁の愛なのに。毎朝、「今日もよう働けよー」と愛を詰めなければならないのに。

0711160006.jpg

というわけで、とっても反省しています。

もう一本残ってるボージョレーは、明日の夜にでも飲むことにしよーっと。





いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

ピースフル

電線ってスズメだけのものじゃなかったんだなあと、田舎に来てからときどき思う。

都会の電線にとまっていたのはスズメくらいのものだったので、電線=スズメの印象が強かった。そういう歌も子供のころにはやったし。

電線にスズメが三羽止まっていて、それを猟師が鉄砲で撃って、煮て、焼いて、食って、ヨイヨイヨイヨイみたいなワケわかめな歌だったが、よくコタツの上で踊りながら、父親を『ベンジャミン』と呼んで怒られたものだ。

とまあそんなどうだっていい話はおいといて、これが今朝の我が家の窓から見た電線の眺めだ。

20071117132750.jpg

トンビが四羽とまってる。

こういうのを見ると平和だなあと思う。トンビはときどきピーヒャラヒャラと鳴くのだが、その声がまたアホみたいに平和なのだ。

そんな話をM田にすると、「おまえの頭がピーヒャラヒャラって鳴っとんちゃうんか」とか言われてしまったのだが、ほんとうに性格の悪い女だ。愛と平和を守るために、いつか絶対に友達をやめてやろうと思う。

あ、トンビの数が増えた。

20071117132758.jpg

五羽になった。平和が増えたね。

と、そんなピースフルなことを考えていると、宅急便のお姉さんがもっとピースフルなものを配達してきてくれた。

071117.jpg

『マジッククリスマスツリー』。

ごんたさんのブログで存在を知り、その五分後にはネットで注文したもの。このツリーには『マジックウォーター』なるものがついているのだが、その水を使うと12時間後には葉がモコモコと生えてくるらしいのだ。

画像で見ると、こんな感じ。

tree.jpg

高さ15センチくらいのちっちゃなツリーだが、葉がモコモコというのがいいではないか。モコモコ完了までの12時間、また頭がピーヒャラヒャラになれること請け合いではないか。

というわけで、クリスマスがちょっと楽しみだ。

ちょっとの楽しみでもいっぱい溜まると、それだけで幸せ満タンだー。




20071117133100.jpg

……今日はまたボージョレーやなー。





いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

酒は呑んでも呑まれるな

今日は風が強い。天気予報によると南国高知も今夜から少し寒くなるそうだ。いやだなあ、寒いの。もっと寒い地域の人たちからすると、こんなの寒いうちに入んないのかもしれないけど。

0711180001.jpg

とは言っても朝はけっこう温かかったので、クウスケを連れて海へいった。夏みたいな行動だが、間違いなく秋だ。画像中央でピッってしているおっさんの脳内は、年中サマーだと思われるが。

0711180003.jpg

今年は水温も例年より高いらしい。海の中を覗き込むと、小さな魚がいっぱいいた。鵜飼いみたいにクウスケが潜ってくわえてきてくれたら、晩ごはん代が助かるのに。それにきっと『今日のワンコ』や『動物奇想天外』にだって出られるのに。

0711180002.jpg

あとでお風呂に入れられるとも知らず、はしゃぎまくるクウスケ。そして引きずられるサマーおっさん。

あたしはそれを砂浜に座ってただカメラで追っているだけなのだが、決して昨夜飲んだボージョレーが血中に残っているからではない。

まさかそんなわけないじゃないですか、このまえ飲みすぎて反省したとこなんですから。

conv0055.jpg

コメント欄にいただいた「ワインは残るよ」とか「飲み過ぎないでネ」などの温かな助言や、「二日酔いの朝は糖分が効くよ」とのナイスな情報、「マリアナ海溝より深く反省してるよね」的な信頼の声、そんなみなさんたちのお心遣いをあたしが裏切るわけないじゃないですかっ。

0711180004.jpg

裏切…る…わけな…いじゃない…ですか…。

0711180006.jpg

……ない…じゃな…いです…か?

とろろ

ごめんなさい。まだボージョレーが血中をボージョレーしているかもしれません。自分がこんなにゴキゲンさんだったとは、画像を見るまで知りませんでした。ダンナのしてやったりの顔が、心から憎たらしかったです。

0711180005.jpg

というわけで、もうボージョレーは(たぶん)来年まで飲みません。空に誓うよ!





いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

クウスケ?

自分がブログを始めてから特に、イラストが描ける人を羨ましいなあと思う。

もちろん写真でもいいのだが、今ひとつ個性が出にくいし、タイミングを逃して撮り損ってしまうことだって多いからだ。

だったらまあ描けばいいだけのことなのだが、現実問題として、あたしの絵のレベルの低さはなかなかひどい。

実は何度かブログ用に描いてみたことだってあるのだが、そのたびに自分で「なんやねんこれ」といちいちツッコミを入れなければならず、疲れてしまった。関西人って悲しいね。

とろろ

ところでプロフィール欄に貼ってあるあたしとクウスケのイラストは、ダンナの弟君が描いてくれたものだ。

弟君はほんとうに絵がうまい。何年か前、レイザーラモンHGが流行ったときには、年賀状用にとこんなイラストを描いてくれた。

0711200003.jpg

描く前に「何か要望はないか?」と訊かれたので、「できればナイスバディにしておくように」という無茶なお願いをさせてもらった。そのせいで若干の捏造箇所はあるものの、かなりあたしたち一家の特徴を捉えている作品だと思う。さすが弟。

ついでに今年の年賀状のイラストものっけると、こんな感じだ。

0711200002.jpg


うまいなあ。いいなあ。やっぱり今年も年賀状のイラストは弟君に頼もう。そのうち言葉巧みに騙して、ブログ用のイラストも描かせてやろう。うちはどっちも絵のセンスないし。

と、そんなことをあたしが晩ごはんのときに話すと、ダンナがもう百回ぐらい聞いた覚えのある過去の栄光を持ち出してきて言った。

「アホか。俺かて絵ぐらい描けるっちゅうねん。小学校のとき賞もろたことかてあんねんからな」

ダンナの自慢はこの絵の賞のことと、小学校のとき女の子たちが自分の椅子を取り合ったこと、このふたつしかないのだろうか。このふたつしか聞いたことがないのだが。しかもどっちも小学校のときだし。ピーク早っ。

でもまあそんなに言うならと思って、一応ダンナにも頼んでみた。

「ほんなら何か描いてみてくれる?」
「おうええで」
「クウスケ描ける?」
「楽勝で描けるわ」

というわけで、ダンナがクウスケを描いてくれました。公表するのは我が家の恥だと思われますが、思いきって公表いたします。

ではどうぞ。



下    下    下




0711200001.jpg





……だ、誰?





……ていうか、何?






0711200004.jpg

……ま、まっさかぁー(;´∀`)…。





いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

いい夫婦のお誕生日

0711220004.jpg

と、散歩の途中で気がついた。今日はダンナの誕生日だった。

忙しすぎて、朝は忘れていた。だからまだ「おめでとう」さえ言っていない。ただし「おめでとう」は言い忘れても、「ゴミ出し夜露死苦」は言い忘れないところが、さすがにあたしはしっかり者の奥さんだと思う。見習おうね、みんな。

0711220001.jpg

ちなみに今日11月22日は『いい夫婦の日』でもあるらしい。

具体的に何をする日なのかはよく分からないが、あまり自分たちがいい夫婦かどうかなんて考えないほうがいいと思う。

そういうことを考えだすと、考えているうちにどんどんダンナへの文句ばかりを思いついてしまい、うわっ!とか、あっ!とか、ムキーっ!とかなって、耳から煙が噴き出してしまうに違いないからだ。

だから夫婦なんて、ぼーっと一緒にやっていればいいのだ。我が家のように。

0711220005.jpg

しかし実はそんな我が家、ダンナが『いい夫婦の日』生まれであると同時に、嫁が『よい夫婦の日』生まれ、つまり4月22日生まれだったりする。

いかにも脳天気カッポー感満載ではあるものの、意地悪な友人たちに「離婚したら大笑いやな」とか、「別れたら日本記念日協会に対する裏切りやで」とかのプレッシャーをかけられているので、なかなかつらい。

ほんとうに『日本記念日協会』などというものが存在するのかどうかは知らないが、もしあるとするなら裏切りたくはないので、なんとか死が二人を分かつ日まで添い遂げとげる所存だ。

とろろ

で、そんな夫婦の、嫁からダンナへのプレゼントは、これ。

0711220003.jpg

『現金入り封筒』

誕生日に何が欲しいか一週間前にダンナに訊いたら、その場で金を要求された。何でもヤフオクでバイクの部品をいっぱい落として、いっぱいニコニコしたいのだとか。

まあ「セーターがほしい」とか言われたところで編む気もないし、近所には『ファッションセンターしまむら』くらいしかないので、それはそれで困るのだが、しかし「金くれ」とは生々しすぎないか。

『はたご』のおかみは言っていたぞ。「プレゼントっていうのは、相手のために選ぶところからプレゼントなんだよ」って。

0711220002.jpg

けどまあいいか、簡単だし。いろいろ考えたりすんの面倒だし。好きなものを落として、勝手にニコニコしといてくれたらそれでいいよ。

というわけで今日はお祝いです。





いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

裏切り犬

三連休だったので、いっそ三日酔いぐらいしてやろうかと思っていたが、予定が狂った。

こやつのせいだ。

0711260001.jpg

近っ!

それじゃ誰か分からないよ、太郎君。

というわけで、Uさんちの太郎君を急きょ我が家で預かることになった。Uさんが急にご夫婦で大阪の息子さんのところへ行くことになったからなのだが、何でも前に獣医さんに預けたときには、三日間一口も餌を食べなかったとか。

「こいつは俺がおらんといかんのよ。嫁さんでもいかんもん」

心配顔のUさん。なのでまあ獣医よりはましかと思い、我が家で預かることにしたわけだが、それでもUさんは心配そうだった。

「こいつはほんまに俺やないといかんからなあ」

0711260002.jpg

そんなこんなで我が家にやってきた太郎君。

クウスケとはもともと仲がいいので、しばらく放置しておくと、二匹でおしっこ合戦をしていた。結果、おしっこ切れでクウスケの負け。あたしがリベンジしてやろうかとも思ったが、隣家の窓から丸見えなことに気づき、断念。残念。しゃあないねん。(←Rap風に)

と、そうこうしているところへUさんから電話。

「言い忘れとったけど、太郎が寂しそうにしとったら、倉庫の中におもちゃがあるけん、持ってってくれる?」
「分かりました。寂しそうにしてたらそうします」

0711260003.jpg

……でもぜんぜん必要ないと思います。めちゃくちゃ楽しそうだし、太郎君。ほら。

ほらほら。

0711260004.jpg

こんな姿をUさんが見たら、やはり傷ついてしまうのだろうか。「俺やないといかん」と思っていた女に逃げられるというのはよくあるパターンだが、犬にも同じことが言えるのかもしれない。

0711260006.jpg

我が家に来て、たったの二十分後の太郎君。まるで何事もなかったかのように、となりの公園でおおはしゃぎ。すっかり我が家の家族のよう。

愛犬がまさかこんな浮かれ番長になっているとは思いもよらないUさんからは、すぐにまた二度目の電話がかかってきた。

「申し訳ないけんど、エサ食わんかったら、なんでもええから缶詰買うちゃってくれる?あとでお金返すけん」
「分かりました。そうします」

……さすがに「さっきクウスケのエサを横取りしてましたよ」とは言えなかった。知らないほうがいいことだって世の中にはある。いっぱいある。

と、いうわけで。

0711260005.jpg

いいかい?太郎君、今はどんなにヒャッホーヒャッホーしててもいいけど、お父さんが帰ってきたら「寂しくて寂しくてウサギになっちゃうかと思ったよ」的な顔をしないと駄目だよ?でないとたぶん、お父さんがウサギになっちゃうからね。わかったね?

damedayone.jpg

……で、おまえはあたしがいないとダメだよね?ね?ね?






いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

Theme: 写真日記 | Genre: 日記

さよなら散歩

昨日の夕方。太郎君とさよならの散歩に行った。

いやまあ会おうと思えばいつでも会えるんだけど。歩いて五分の距離なんだけど。

0711270004.jpg

大型犬・中型犬・小型犬みたいなこのスリーショット。語りかける大型犬と、律儀に聞き入る中型犬。そんなの関係ねぇの小型犬。太郎君はちゃんと話を聞いてくれるので、ダンナはとても嬉しそうだ。

それにしてもそんなに語りたいことがあるんだったら嫁に語ればいいと思うのだが、どうやら男同士にしか理解し合えない何かがあるらしい。

「女はすぐに感情的になるからな」

先週か先々週の『ガリレオ』のなかで福山雅治が言ったセリフだ。パクリだ。本人は覚えてないみたいだったけど。俺の言葉だよ、みたいな顔してたけど。

とろろ

と、そんな昨日は見上げた空にまるい月が貼りついていた。

0711270001.jpg

満月ではないのかもしれないが、少なくともその前後っぽい感じ(テキトー)だ。

田舎に来てからつくづく知ったが、満月というのはかなり明るい。月の光で、がんばれば本の一冊くらい読めそうだ。

ただし星が見えなくなるから、あんまり満月は好きじゃないけど。

あ、そういえば、満月の夜はジャイケル・マクソンが狼になるんだっけ。マイケルじゃなくても、男が狼になるんだっけ。きゃー怖いぃ襲われちゃうぅ。

0711270002.jpg

・・・・・無視かいっ!

とろろ

0711270003.jpg

満月の反対側の空。見えそうで見えないチラリズムな夕焼け。空ってほんとうにきれいだなあ。

たったの三日間だったけど、二頭飼いができて楽しかった。

クウスケも楽しそうだったし、(Uさんには申し訳ないが)太郎君も楽しそうだった。あたしに友達が必要なように、やはり犬にも友達って必要なんだなと思った。

0711270005.jpg

だからまた遊ぼうね、太郎君。Uさんがすぐにでも旅行かなんかに行っちゃうといいね(←悪魔)。





いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

SO!ホンモノだ!

久しぶりの雨降り。そのわずかな隙間を縫って、いつもより短い散歩に行った。

0711280002.jpg

太郎君はいないし、雨降りだしで、いまひとつテンションが上がらないクウスケ。と言っても太郎君が帰って寂しいというわけではなく、理由はこれ。

0711280001.jpg

太郎君が一緒のときには、太郎君の迫力に逃げ出していたニャンコ。太郎君がいなくなったとたんに、態度豹変。アホかおまえなんか怖ないんじゃ、とでも言いたげな強気なニャンコに戻ってしまった。

一方、そんな態度豹変に驚くクウスケ。

「あ…れ?逃げ…へん…の?」

背中がめちゃくちゃ戸惑っている。

が、戸惑いつつもニャンコとしっかり向き合うところが、以前より確実に進歩したところだ。おそらく太郎君を見て、『男とは何か、犬とは何か』を学んだのだろう。やはり持つべきは尊敬できる友達。あたしもほしいぞ、尊敬できる友達。

あとはSO!唸ればいいだけだ。重低音でウウウウウって。太郎君みたいにウウウウウって。SOすれば、ニャンコは逃げだすはず。SO!クウスケはただの根性なしなんかじゃない。

SO!ホンモノの根性なしだ。

0711280003.jpg

というわけで、SOSOくさと退散。そして港でこの表情。

0711280004.jpg

……なんか、かわいそうになってきた・゚・(つД`)・゚・。

とろろ

最後に、文中の一部でSO!SO!うるさくしてすみませんでした。太郎君がいなくなってテンションサゲサゲなのは、実はあたしです。なので無理やりSO!SO!言って、テンションアゲアゲにしてみました。おかげでちょっとアゲアゲになったような気がします。ありがとうございました。






いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。今日もポチっとしてアゲアゲください!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

脳内公開

三日ぶりの青空。

0711300001.jpg

なので、三日ぶりに本気の散歩に行った。

半分トレーニングみたいな散歩。ババシャツの内側に、久しぶりに汗をいっぱいかいた。若いころみたいに肌が汗を弾かないのが悲しいところだが、気にしない。気にしたってどうせ弾かないし。弾かなかったって死なないし。

0711300006.jpg

海の上にお行儀よく並ぶ白い雲。

海の上の曇っていうのは、なぜ底が平らになるのだろう。二十年くらい前から気になっているのだが、まだ分からない。だったら調べろよっていう話だが、そんなん調べられる性格なら、ヤンキーなんかやってない。

たぶん水蒸気とか、温度差とか、そんな感じの理由なのかなあと思ってはいるが、間違ってる確率かなり高し。

0711300005.jpg

あ、月だ。なんとなく電線で挟んでみる。なんとなく勝ったような気になったのだが、何に勝ったのかは自分でもよく分からない。

世の中分からないことだらけだなあ。

0711300004.jpg

これも三日ぶりのクウスケ&メリーのデート。

挨拶を交わす二匹を見て、ひとりで「欧米かっ」とツッコんだりするのは、自分自身でもどうかと思う。でもツッコまずにはおられない。関西人だから。習性だから。

ちなみにこういう挨拶のことを『エアーキッス』と呼ぶのだと、このまえテレビで言っていた。

これ、照れるね。小栗君が『エアーキッス』してきたらどうしよう。余裕を持って受け入れるべきか、ぽおっと頬を染めるべきか。そんなありえないことを妄想して、ちょっと幸せ気分になれた。アドレナリン爆発。心拍数上昇。

落ち着くために、海の中を覗き込んでみると、ハリセンボン発見。

0711300008.jpg

指きりをして約束を破ったやつ(主にダンナ)にはこれを飲ませればいいのかもな、とふと思った。針を千本も集めてくるの大変だし。ハリセンボンならひとかたまりだから、飲むほうもゴックンって一口でいけるし。

でもハリセンボンには本当に、針が千本もあるのだろうか。見るからに足りなさそうなのだが。雰囲気で千本にしたくさいのだが。

世の中、テキトーな人が多いなあ。困るな、きちんとしてもらわなきゃ。

あ、グーちゃんちだ。

0711300003.jpg

というわけで、グーちゃんにも朝のご挨拶。

クウスケの名誉のために言っておくと、グーちゃんは♂なので、チューしてもこれは浮気ではない。クウスケもあたしも浮気はしない派。ていうか、モテない派。

0711300002.jpg

そんなこんなでもうすぐ我が家。今日は池島という小さな島を一周した。

歩きながら様々なことを考えた。『ガリレオ』のなかで福山雅治が「考えるというのは、人に与えられた最大の楽しみだ」と言っていたが、あたしもそう思う。

なのでこれからもいろんなことを考えて、いっぱい楽しんでやろうと思う。

脳内は自由だ。脳内は無敵だ。パラダイスだ。

0711300007.jpg

……き、聞いてる?クウスケ。







いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

Theme: 写真日記 | Genre: 日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。