スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費カロリー<摂取カロリー

昨日、朝ごはんを食べているときにダンナが言った。

「今日は焼肉ランチを食べに行くことに決定した」

すでに決定事項らしい。嫁に相談するつもりはないらしい。でもまあ素敵な決定事項なので、迷わず乗っかることにした。

そしてより焼肉を美味しく食べるために、これは相談の上、二時間ほど歩きに行くことにした。

動いてから食う。なんてストイックな夫婦なんだろう。自画自賛。

0712020001.jpg

歩こうよ、と言っているのに、いきなり走り出してしまったアホウ二匹。右側の背中が「いっちにいっちに」ではなく、「やっきにくやっきにく」と言っているように見えるのは、見間違いなんかじゃないはずだ。

焼肉王子だ。

0712020002.jpg

焼肉DANCE。

12月だというのに、空も海も夏の色みたいだった。

ちなみにここは大島という島。このまえ歩いた池島など我が家の近辺には小さな島が多く、歩くだけでもじゅうぶん楽しいのだが、なんにもないので観光には向かない。だから静かだ。

おそらく吹奏楽部なのだろう。中学生の三人組がトランペットとサックスで吹いていた『宇宙戦艦ヤマト』の音しか聞こえない。音に合わせて歌っていると、ときどきとんでもなく音をハズしてくれるので、「なんでやねん」とつっこむのに忙しかった。つくづくやーねえ関西人。

0712020003.jpg

焼肉に敬礼!

でも確か『ヤマト』の敬礼はこうじゃなかった気がするなあ。胸に手を当てるんじゃなかったっけ。

「おまえはしょうもないことだけ覚えてんなあ」

「だけ」ってことはないと思う。大切なことだって覚えている。ただあんまり大切なことを披露する機会に恵まれないだけだ。宝の持ち腐れだ。脳ある鷹だ。使い方が間違ってたらごめんなさい。

0712020004.jpg

波打ち際で、巨大流木発見。

これ削ったりしてベンチみたいにしたらおもしろいねという話になったが、今冷静になって考えてみたら、ぜってー邪魔だなということに気がついた。よかった、持ち返ってから気がつかないで。

また「あんたが」とか「おまえが」とか罪をなすりつけ合って、醜いケンカになるところだった。

0712020007.jpg

海。さすがに水はもう冷たかった。12月なんだもんなあとしみじみするが、あんまりサンタさんの似合わない景色だ。

車についている温度計を見ると、23℃になっていた。冬?ほんとに?

0712020005.jpg

と、そんな陽気のなか、無事島を一周。所要時間約二時間。これで二時間分焼肉を食っていいルールになっている。あたしが決めた。

が、焼肉うんぬんは別にしても、いい散歩だった。ほんとは朝、知り合いにちょっと面倒くさいことをたのまれて気分が落ちていたのだが、上がった。まかせとけ、何だってやってやるぜ、っていう気分になれた。

島には海も森もあるので、おそらくダブルマイナスイオン効果だろう。きれいな空気には力があるね。

「俺の血液もさらさら言うてる」
「春の小川か!」

と、気持よくツッコミも決まったところで家に帰り、着替えてから『焼き肉ランチ』に行った。

1200円の上カルビランチ。

0712020006.jpg

二時間分の運動、パー。カロリーオーバー。

でも美味しかった。しあわせ。






いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーサイト
Theme: 写真日記 | Genre: 日記

(犯罪的)再婚おめでとう

明け方近く、かなり近い場所に雷が落ちた。轟音と地鳴りがした。

「爆撃?爆撃?」

飛び起きたあたしは『爆撃』かどうかダンナに確認したらしい。そして『爆撃』ではなく『落雷』だと分かると、とっとと眠りの世界へと戻っていってしまったらしい。

「爆撃ておまえ、どこ地方に住んどんねん」

朝ごはんのとき、ダンナにしみじみとバカにされてしまった。悔しかったけど、逆の立場だったらもっと徹底的にバカにしているはずなので、まあ仕方ない。受け入れよう。

とろろ

そんな気分の悪い朝、雨はかろうじて上がっていたが、なんだか空はぐしゃぐしゃだった。落雷を反省しているのかもしれない。

0712030002.jpg

そんな反省中の空の下、いつものように散歩に行って帰ってくると、友達から電話がかかってきた。

元ヤンの男友達。現在ガソリンスタンド店長。ていうか、二十年くらい前からずっと店長。きっと永遠に店長のまま生きていくのだろう。

あたしは彼のことを、昔から『パゲ』と呼んでいる。

パゲの右耳の斜め上には小さな不毛地帯があって、『ハゲ』と呼ぶほどの迫力はないので、かわいらしく『パゲ』と呼ぶことにした。半分悪口だったのに、なぜか本人はお気に入りらしく、今でも愛用してくれている。

「なんかパゲってアーティストっぽいやんけ」

・・・・・どこが?

とろろ

そんなパゲからの久しぶりの電話。それは『爆撃ショック』を吹き飛ばすような、とてもめでたい電話だった。

なんとパゲは先週結婚したらしい。再婚だ。相手は二十歳の女の子らしい。犯罪だ。

パゲに彼女がいるなんて風の噂にも聞かなかったので問い詰めてみると、相手の女の子はパゲのスタンドのバイトの子で、半年前に知り合ったばかりなのだという。

店長がバイトに手を出すなんて、リッター155円の高値の陰で、やつらは何て楽しそうなことをしているんだろう。

あたしがそんな怒りをぶつけると、電話の向こうでパゲがあわてて言い訳していた。

「俺らが儲かってるわけちゃうで。それに向こうが好きって言うてきたんやもん」

・・・・・オッサンのくせに「もん」とか言うな。

とろろ

それでもまあ一度目の嫁にはたったの一年で逃げられたので、パゲがまた幸せになってくれて、あたしは嬉しい。

「おめでとう、パゲ」

心をこめてそう言うと、電話の向こうでパゲが言った。

「今度こそ幸せになるね、俺」

・・・・・男だったら、相手を幸せにしてやれよ。

とろろ

何かとツッコミどころ満載のパゲ。

『Felix』だと信じて『のらくろ』のTシャツを着ていたり、『グアム』を沖縄の離島だと思い込んでいたり、ホノルルマラソンを完走したあと、「なんやろ、ほら、遠近感がすごかった」と、『達成感』と言葉を間違えたり、aからzまで先生が黒板に筆記体で一気に書き連ねたのを見て、「俺、あんな長い単語覚えられへんわ。どないしよ」と真っ青になっていたり、とにかくアホだが、なんとか今度は捨てられずに最後まで彼女と添い遂げてほしい。

そういえば昔、M田があたしたちに言ったことがある。

「学校生活を笑いと運動神経で乗り切ってるところがおまえらは似てる」

『笑いと運動神経』は、あたしとパゲの共通の武器だ。いわばあたしたちは同士みたいなものだ。あたしは『笑いと運動神経』という武器で、結婚生活も(今んとこ)乗り切れている。

なのでパゲにもぜひそうなってもらいたい。

コングラッチュレーション!パゲ!

0712030001.jpg







いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。今日も『ポチッ』の爆撃を!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


悲しいときー

今朝はブンタン山を歩いてみた。少し見ないあいだに、ブンタンはずいぶん成長していた。

0712040001.jpg

まだいくぶん青いところもあるけれど、おそら年明けには収穫作業が始まるだろう。そして運が悪ければ、「手伝っちくれるろう(手伝ってくれるよね?)」という恐怖のお声がかかることだろう。

0712040002.jpg

ご存知ない方も多いと思うので説明すると、ブンタンというのはなかなか巨大な柑橘野郎だ。

クウスケの頭……と言っても分かりにくいだろうが、ソフトボールくらいの大きさがある。そしてそのソフトボールの中に実がぎっしり詰まっているわけだから、けっこう重い。

収穫のときにはその重たいブンタンを肩に斜め掛けした布袋のなかに放り込んでいくのだが、子供を背負った経験もなく、教科書マンタンの鞄を担いだ経験もないあたしの場合、どうやらそこらあたりの筋肉がイマイチ大人になっていないようだ。

十個もブンタンを袋に入れると、袋の重みで体が傾く。

0712040003.jpg

そのうえ『ブンタン山』というだけあって、ブンタンの木というのは斜面に沿って山のわりと高い場所まで生えている。傾いた体でそんな傾いた世界に突入したらどうなるか。

「危ないぜ、あんた。落ちんちょってよー」

あたしはいつもそんなふうに注意されるのだが、落ちるなと言われて落ちずにいられるなら苦労はしない。万が一あたしが山から転げ落ちたとしても、それはあたしの意志ではない。やむを得ない事情があって転げ落ちているのだ。

0712040004.jpg

こんな斜めな世界で暮らしたことなどないのだから、そりゃ落ちることだってあるだろう。それでも落ちるなと言うのなら、その前にせめてブンタンの袋をおろさせてくださいお願いしますウエーンエーン。

そんなことを胸の内では思いつつ、あたしは必死にぎっしりと重たいブンタン袋や斜めの世界と闘ってきた。

0712040005.jpg

が、実はあたしがブンタン収穫のお手伝いでいちばんつらいことは、そんな重たいブンタン袋や斜めの世界などではない。

もっと屈辱的なことがあたしにはある。

それはあたしの生きざま全否定みたいな作業帽をかぶらされてしまうことだ。これだ。

0712040006.jpg

紫外線からも虫からも守ってくれるという農家のおばちゃん必需品の一品。

ふつうの帽子をかぶっていたあたしに、おばちゃんたちがわざわざ買ってプレゼントしてくれた。なのでかぶらないわけにはいかない。おばちゃんたちの優しさに応えないわけにはいかないじゃないかっ。

0712040007.jpg

でも正直、これをかぶっている自分は嫌いだ。微妙に似合ってる自分が嫌だ。こんな帽子をかぶるために、女に生まれたわけじゃない。『イイ女』を目指すとか、若いころ言ってなかったか、あたし。

0712040008.jpg

……というわけで、今年こそは人手が足りて、この帽子をかぶらないで済みますように。






いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

Theme: 写真日記 | Genre: 日記

醜い争い

先週、電気屋でコタツを買った。

コタツなんかあるとコタツから出られなくなるに違いないと思い、これまで我慢していたのだが、あまりにも灯油が高すぎるので、コタツに負けない強い自分でいればいいのだ!と誓い、購入した。

で、まだたったの一週間。

すでにコタツに負けている。コタツのぬくもりから離れられない弱い自分がここにいる。

でもまあ気にすまい。

弱いのはあたしひとりじゃない。

0712050001.jpg

ソファーの上で寝ていたはずなのに、用事を済ませて戻ってきたら、さりげなくコタツの入口あたりに移動していた。

何か問題でも?みたいな顔つきが、なんか腹立つ。

0712050002.jpg

しかし根性なしなので、コタツの中の世界にはまだ入る勇気がないらしい。

入ったら何か怖いことが起こるとでも思っているのだろうか。猫に変身してしまうとか、四次元の世界へ飛ばされるとか。

なのでギリギリ暖かい場所をキープしている。ここはさっきまであたしが座っていた場所なので、あたしの尻熱力によって、じゅうたんも温かくなっている。つまりダブルで暖かいわけだ。ふざけんな。

パソコンするのに邪魔やねん、そこ。

どけ。

0712050003.jpg

散歩で鍛えた脚力バリバリのカニばさみを受けてみよ。

0712050004.jpg

にゃはははははは。

0712050006.jpg

ぐははははははは。

0712050005.jpg

なにその顔。……ま、まさかこれって虐待じゃないよね?楽しかったよね?ね?ね?






いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。寒さに勝つために今日もポチを!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




温もりいろいろ

今朝6時。布団を出ようとしたとたん、朝じゃないことにしようかと思うくらい寒かった。

たぶん今年最高の寒い朝だったと思う。

0712060003.jpg

庭の草に霜が降りていた。寝ボケて撮ったので写真もちょいボケ。

ダンナの車のフロントガラスもみごとに真っ白になっていたので、あわてて解凍用のお湯を沸かした。潜水艦の窓みたいに運転席の部分だけ丸く解かしてやろうと思ったのに、あえなく失敗。

0712060004.jpg

午前7時半。散歩に行くのもためらった。

でもきっと寒い朝には寒い朝のいいところがあるに違いないと信じ、外へ出た。背中に貼ったカイロの温もりだけが心の支え。

0712060001.jpg

おはようのあいさつ。

いつもは近づくと逃げてしまうワンコが、今日は逃げるどころか触らせてくれた。

きっとこいつも寒かったに違いない。温もりを欲していたに違いない。寒いと温もりが恋しくなる。もう誰でもいいわ温もりをちょうだい、そんな気になる。

まああたしの場合は誰でもいいっていうか、カイロなんだけど。

0712060002.jpg

あったまってくれたみたいだ。何よりだ。

次からもこいつに触れるときは、寒い朝を狙おう。寒いとか、寂しいとか、相手の弱みにつけ込むのだって、テクのひとつだ。これは人間の恋愛にも言えることだと思うので、よかったら使ってみてください。

0712060005.jpg

……またいらんことばっかり書いて的な目で飼い主を見るな。






いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。ポチっとしてくれたら暖かくなるよ!(嘘だよ!)
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

Dr.オトー

昨日、お風呂から上がってみると、リビングが緊急手術中だった。

0712070001.jpg

クウスケの大切なゾウさんが、腹部裂傷で危うい状態だったのだ。

「オペですか、先生」
「オペですかちゃうわ。ゾウさん縫うたってやって、俺、五百回くらい言うたやろ」

五百回も言われた覚えはないけれど、十回くらいなら確実に言われた記憶がある。

が、言われて『できること』と『できないこと』が人にはあり、残念ながら針仕事は、あたしにとって『できないこと』のほうだ。

とことん性に合わないのだから仕方がない。裁縫箱を見ると、吐き気がする。針を持つと、怒りが湧いてくる。たぶんアレルギーかトラウマがあるのだと思う。

0712070002.jpg

「ふざけんなや、おまえ。何がアレルギーや。邪魔くさいだけやろ」

さすがダンナだ。よく分かってる。まあ分かってるから、自分で縫うことにしたんだろうけど。

そしてもちろんあたしもダンナをよく分かっているので、こういうときの扱いも心得ている。こういうときはとことんおだてるに限るのだ。

「うわっ。うまっ。めっちゃきれいやん。さすがデキる男は何でもできるね」

みたいなセリフをマシンガン的に連射すると、「あほか」とか口では言いながらも、最後まできちんと仕上げてくれる。やつはそういう扱いやすい男だ。

0712070003.jpg

「縫合完了。最善を尽くしました」
「先生ありがとうございました」

ゾウさんは一命をとりとめた。クウスケもどこかほっとした様子。

0712070004.jpg

心なしか顔色がよくなったゾウさん。手術成功に満足して、お風呂に入っていく先生。

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・

「じゃあクウスケ、あそぼーか」
「ワン」

0712070005.jpg

お風呂から出てきてまた裂けてたら、先生、さすがにもう手術してくれないだろーなー。







いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。オペ成功を祝ってポチっと夜露死苦!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

愛の宅急便

西宮に住む母親から、段ボール一箱分の荷物が届いた。

宅急便のお兄さんから荷物を受け取りつつ、why?と思った。なんで段ボール一箱なのか。送られてくるブツは、ビデオテープ一本のはずなのだ。

高知では放送されていない番組を、録画して送ってほしいと頼んだ。

それがこれ。

hahaai (2)

12月2日にテレビ大阪で放映された『自給自足物語』という二時間特番。大好きなブロガーの方が出ているというので、何としても観たかった。

ちなみにこのテープ、よく見ると『自給自足』の『給』の字が『金』になっているのだが、ぜひ気にしないでいただきたい。もっとよく見ると、『足』という字も怪しいことになっているのだが、こっちもぜひ気にしないでいただきたい。

アホは遺伝かかわいそうに、とでもこっそり思っておいてもらえればそれでいいです。確実に遺伝です。DNAの罠です。

とろろ

で、本題に戻って。

ビデオテープの他に、箱の中にはこんなものが入っていた。

hahaai (1)

セーター二枚と膝かけ一枚。

きっと急に寒くなったので、娘が風邪をひくといけないと思い、いっしょに送ってくれたのだろう。長いあいだ一緒に暮らしていたので、そんな母の思いやりがよく分かる。

よく分かるよ、ここまではね。

で、これは何?

hahaai (3)

おうちでプラネタリウムが楽しめるDVD付き星座入門、聞いたことのないメーカーの携帯ラジオ、湿布薬10枚、スーパーカップ豚キムチ。

・・・・・豚キムチ?

これはひどい。いくらなんでもテキトーに詰めた感があからさますぎる。確実に箱を埋めるために集められたメンバー構成だろ、これ。

しかもまだある。こんなものまで入っていた。

hahaai (4)

サンタさんエプロンと帽子のセット。

・・・・・・いったいあたしにどうしろと?


とろろ

でもまあいちいち腹を立てていても仕方がない。こういうのをぜんぶまとめて『愛情』と受け取っておいたほうが、人は優しく生きられるのだ。

ありがとう。

そう言葉にすることで、自分も相手もなんとなく幸せな気持ちになれる(はず)。

そう思って、さっき母親に電話した。

「荷物届いたよ」
「あ、ほんま?早かったな」
「うん」
「ビデオ、ちゃんと録れとったやろ?」
「録れてたよ、ありがとう」
「いろんなもん入っとったやろ?」
「うん」
「箱、大きすぎてな、家にあるもん適当に詰めてん。何が入ってた?」
「星座の本とか、湿布薬とか、サンタさんエプロンとか」
「玉手箱みたいやったやろ?」

玉手箱って……。自分より先に娘を老いさせる魂胆か、おかん。ちくしょー。『ありがとう』って言いたくないぞ。言っちゃったけど。

hahaai.jpg

こんなおかんが年末には我が家にやってきます。

逃げたいです。








いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。母の愛よりポチをくらさい。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

寒いのは冬のせいだけじゃない

新港へ散歩に行った。『新しい港』と書いて新港。その名のとおり新港は新しい。

でもあたしが少女からおばちゃんへと変貌したように、新港もいつか古くなると思うのだが、そのときはいったいどうするんだろう。

まだ若いんだもん。新港だもん。

そう言い張るつもりだろうか。そんなんできるなら、あたしだってしたいぞ。まだ少女だもんって言い張りたいぞ。

と、そんなことはどうだってよくて、新港はとっても寒かった。

07120110006.jpg

すっかり海が冬色になった。冷たい色。青くても、冷たい。

これはこれで嫌いじゃないけど、冬色の海から吹く冷たい風には気持ちから負ける。参りましたごめんなさいっていう気持ちになる。

「寒い」

あたしがそう言うと、

「冬やからな」

とダンナが言った。

なんて愛のない会話なんだろう。嘘でもいいから「こっちへおいでよ」くらいのこと言えんのか。嘘でもいいからコートを脱ぐふりくらいできんのか。

いつかびっくりするような復讐してやるから覚えとけ。

07120110007.jpg

というのは嘘で、日々こつこつと復讐しているので大丈夫。

さっきも海際に立っていたヤツの後ろから『膝かっくん』をカマしてやったばかりだ。惜しくも海に突き落とす夢はかなわなかったが、また頑張ろう。どんまい。

07120110008.jpg

……油断するなよ。






いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっとしてね!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

ナンバーワンな人

日曜日の話になるのだが、ご近所に住むTさんが果樹の手入れの仕方を教えにきてくれた。

07120120006.jpg

画像の木は今年植えたばかりの桃の木なのだが、都会で育ったあたしたちには、果樹の手入れの仕方なんか分からない。釣りもヘタだし、この地方の野菜や魚介類の食べ方もほとんど知らない。

Tさんはどうもそういうのを放っておけない性分らしく、「あんたらはまったく」などと言いながら、いつも親切に教えてくれる。

こういう方の存在ほど、移住者にとって心強いものはない。絶対に死なれちゃ困る人だ。

なのに。

07120120007.jpg

「ええか、ちゃんと剪定の仕方も覚えんといかんぞ。俺はもういつ死ぬか分らんからな」

Tさんはいつもそんなことを言ってあたしたちを脅す。

それはもう何十回となく聞いたTさんお決まりのセリフなのだが、そのわりにはTさんに弱る気配は一向にない。毎朝、mp3プレイヤーで北島三郎を聴きながら歩いたりして、ぴんぴんしている。

この夏の猛暑にも負けなかったし、今のところ風邪ひとつひいていない。いっそ、死ななければいいなと思う。

「ずっと元気でいてください。頼りになる人ナンバーワンなんですから」

あたしたちがそう言うと、Tさんはまんざらでもない顔をしたあと、あたしのことも無理やりナンバーワンにしてくれた。

「Aちゃん(あたしのこと)こそ、この地区一の美人やけんね」

この地区一って・・・。

範囲狭っ。人口少なっ。老人率高っ。←三重苦

07120120008.jpg

けどまあせっかくいただいたナンバーワンの称号なので、三重苦は気にせず浮かれておこう。『美人』の二文字だけ大切にしよう。

そんなことを考えているうちに、剪定終了。

順調に育っているようなので、来年には美味しい実が食べられるだろうとTさんが言った。実は今年も5つくらい生ったのだが、とても食べられる代物ではなかった。クウスケでさえ吐きだすほどマズかった。

「爆弾や。おとなしい爆弾や」

夫婦でそう言って桃を投げ合ったのを覚えている。

07120120009.jpg

というわけで、来年こそ美味しい桃が食べられそうです。そのときはブログにアップします。

それまでがんばってブログ続けなきゃ。






いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。来年に期待しつつ、ポチっとお願い。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

仲直りの素

昨日の夜、M田と久しぶりにケンカをした。

夜中で、向こうは焼酎まみれだったので、ケンカはなかなか終わらなかった。途中からふたりとも完全にヤンキーに戻っていた。

「チンピラや。家にチンピラゴボウがおる」

ダンナがクウスケにくだらないギャグをかましていたので噴きそうになったが、何とかこらえて、電話を切った。仲直りできないままだった。

07120130011.jpg

朝起きると天気が悪かった。目に見えない小雨も降っていた。

ケンカの余韻を引きずっているせいで、すごくいやな気分だった。気持ちが完全にオチていた。

行こうと思えば散歩には行ける程度の雨だったが、雨のなかを歩く気にはなれなくて、雨がやむのを待つことにした。

07120130008.jpg

一時間半後、雨は上がってくれた。掃除の途中だったが、散歩に出かけた。

空や木々を見上げたり、鳥の声を聴いたりしながら歩いていると、少しずつ気持ちがアガっていくのが自分でもわかった。自然とM田とのケンカを思い出して、笑えるようにさえなってきた。

おもしろかったなー。

そう思って、ひとりでにやにや笑った。

07120130007.jpg

考えてみると、あんなに本気でケンカしたのなんて十年ぶりくらいのことだった。

怒るにはエネルギーが必要だ。若いころケンカばかりしてエネルギーを使いすぎてしまったせいなのか、大人になったあたしたちは、あんまり怒らなくなっていた。

怒るよりも、楽なやり方をあたしたちは覚えた。

気づかないふりをしてごまかす、というやり方だ。

07120130006.jpg

気づいていないふりをしてしまえば、いろんなことが楽になる。真剣に腹を立てずにすむから、エネルギーを節約できる。節約できるから、疲れないでいられる。

そう学んだあたしたちなのに、昨日の夜は違っていた。

M田がケンカを吹っかけてきた。

あたしはそれを真剣に買った。

貴重なエネルギーをお互いのために思いっきり消費した。大人のテクを使えるほど、相手のことをどうでもいいとは思えなかった。

07120130010.jpg

そんなことに気づいたら、ケンカしたことがやたら面白く思えてきた。

完全に怒りは消えていて、こっちから謝ろうっていう気持ちになれた。謝って、すっきりして、昨日のケンカをぜんぶ笑いに変えてやろう。そう思った。

07120130009.jpg

なのに、帰ってすぐに電話したら、M田は家にいなかった。

仕方ない。

こうなったらメールでも入れようとメールソフトを起ちあげたら、添付ファイル付きの一通のメールが朝早くM田から届いていた。

メールが白紙だったので、添付ファイルを開いてみた。

こんなんだった。

071213.jpg

・・・・・ナメとんか。

ウンコって。大人の女の謝罪がウンコって。しかもなぜかウンコさん頬染めてるし。

消えたはずの怒りがまたこみあげてきそうになったので、今度は家ではなく、M田の携帯に電話をかけた。

つながった。

「ウンコって何やねん」

いきなりあたしがそう言うと、電話の向こうでM田が笑った。

「おはようぐらい言えや」
「おはよう。で、何でウンコやねん」
「なごむかなー思たからや」
「ウンコに力を借りようとすんな」
「けどあれ、五回くらい書きなおしてんで」
「知らんやん」
「あほか。難しいんやぞ、マウスでウンコの絵描くの」
「まじで?」
「うん。やってみ?」

なんだかよく分からないが、気がつくとものすごくスムーズに仲直りができていた。

まさかとは思うが、これはウンコのおかげなのだろうか。いや、違う。空や木や鳥の声のおかげだ。絶対そうだ。そうでなきゃ困る、大人として。

とろろ

あー疲れた。寝よ。






いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。今日もプリプリっとポチっとしてね。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


無敵素敵空間

今朝は、北国か!と思うくらい寒かった。びっくりした。音をたてて風も吹いていた。

これが今朝の空の眺め。

07120140001.jpg

寒そう。まちがいなく寒そう。これであったかいわけがない。外に出て確かめたりしなくても、ビジュアルだけでじゅーぶんに寒そう。

なのに。

07120140002.jpg

窓の外を見ながら散歩をしぶっている飼い主に、首輪をくわえてきてアピールする悪魔。体内時計が散歩の時報を鳴らしているらしい。

「はなまるマーケット終わってからにせえへん?」

試しに和解案を提示してみたが、考えるふりさえ悪魔はしてくれなかった。

冷たい犬だ。氷みたいなやつだ。あたしがもしも山中で凍えて動けなくなっても、絶対に助けてくれないくせに。ほっといて自分だけ帰っちゃうくせに。

あたしがカチンカチンに凍ってしまってもいいというのか、おまえは。

07120140003.jpg

が、みじんも揺るがない悪魔の態度に、結局首輪を受け取ってしまった。

仕方ない。行くか。それにしても頭の軽そうな悪魔だな。

07120140004.jpg

寒いので、神社のなかを抜ける短縮コース。犬はこういうごまかしが効くので、まだ助かる。

あ、でも賢い犬だとダメなのかな。短縮とか許しませんけど、みたいに気づく犬もいるかもしれないな。あーよかった。クウスケがアホウで。

というわけで、アホウをてっとりばやく疲れさせるために、誰もいない公園で解放。ドッグランじゃないけど、走り放題。

ほら走れ、アホウ。

07120140007.jpg

跳べ、アホウ。

07120140005.jpg

楽しいか、アホウ。

07120140006.jpg

なんて扱いやすい犬なんだろう。確実にダンナ似だな、これは。間違いないな。

と、そんなこんなで走りまわって、じゅうぶんに満足して戻ってきたクウスケ。

07120140008.jpg

もういいよっていう顔をしている。分かりやす過ぎる。これもやはりダンナ似だな。邪魔くさいからこの際アホウもダンナ似ってことにしておこう。そうしよう。賛成!

そんなわけで距離をいつもの半分くらいに短縮して、さっき散歩から帰ってきた。

家のなかはなんて暖かいんだろう。素敵空間だ。無敵だ。

とろろ

ところで、あんなに外に行こう行こうとうるさかったクウスケが、今はどこでどうしているかというと。

07120140009.jpg

あたしのすぐ横でこんなことになっている。

コタツのなかのうすら赤い世界のことはまだ信用できないらしく、入ろうとしない。なのであたしの熱とコタツの熱、ふたつを共有できるこの場所がクウスケにとっての素敵空間だ。無敵だ。

今日はふたりで無敵な素敵空間で一日ゴロゴロして過ごそうと思う。

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ……(エンドレス)。




いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。無敵のポチを今日もよろしく!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




相棒の定義

我が家から歩いて40分ほどの崖のてっぺんに、小さな灯台が建っている。

07120170001.jpg

灯台へ上がる道の入口には、小さな祠が祀られている。このあたりの集落にはこういう小さな祠がたくさんあって、どれも大切にされている。

もちろんあたしも手を合わせる。

海の神様なので、何を祈っていいのかよく分からず、結局いつも家族の健康を祈ってしまう。「海の神様や言うてるやろ」と祠のなかから文句が聞こえてきそうだが、神様なんだから文句言わないでがんばってください。

07120170002.jpg

灯台までの斜面はけっこう急だ。

なのでクウスケに引っぱってもらおうとリードをピンと張ってやったら、「姉さん、そら無茶やで」みたいな顔で振り返られてしまった。

ダンナは(別の意味で)引っぱってくれないし、クウスケも引っぱってくれないし、やはりあたしはひとりで歩いていくしかないようだ。

仕方がない。歩こう。

07120170003.jpg

と、気合を入れたとたんのウンチングタイム。なんて間の悪い犬なんだろう。すっごいやる気なくんですけど。

07120170004.jpg

行く手にはこんな障害もあった。すぐ下が海なので、強風で竹がなぎ倒されているのだ。

行く手を阻む障害物にほんの一瞬だけためらったクウスケ。

が、アジリティー競技などでもよく分かるように、犬の脚力というのは半端じゃない。高いハードルを跳び越えることに比べたら、これくらいの障害物は障害物のうちには入らない。

こんなものは軽くジャ……

07120170005.jpg

って、くぐるんかいっ!

絶対に跳ぶものだと信じていたので、びっくりした。おかげでピントがブレている。くぐるよりも跳ぶほうがブログ的にカッコいいのに、クウスケのせいでいつもカッコいい記事が書けない。ほんとはもっと文章力あるのに。

と、ぶつぶつ文句を言っているうちに頭上に灯台が見えてきた。

07120170008.jpg

ゴールまであとひと登り。ひとファイト一発だ。ほら行くぞ、相棒。

07120170006.jpg

と、再び気合いをいれたとたんに、また障害物。飛び越えようかくぐろうか思案中のクウスケ。

どっちでもいいから早くして。

そう思っていたら、こんな目で見られた。

07120170007.jpg

「すみませんが、手を貸してください」

どうしようもない犬だ。最低だ。

ここで聞こえないはずの声を聞きとり、抱っこしてしまうあたしも悪いのだろうが、こいつには犬のプライドというものがないのだろうか。オオカミのDNAが組み込まれてるんじゃないのかおまえ。

07120170009.jpg

そんなこんなでようやくたどり着いた池島灯台。眺めは最高。水平線の間際には、釣りのメッカである沖の島が見えている。

とことん頼りない相棒だったが、それでもここまでの急な斜面を楽しく登ることができたのは、やはり相棒がいたからだろう。

ひとりじゃつまらないし、少なくともいないよりはずっとマシ。

我が家の場合、これはきっと夫婦にも言える。

07120170010.jpg

それにしても絶景に見とれるこの後姿。

おまえほんとに、犬?








いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。相棒に恵まれないあたしにポチを!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



クリスマスアピール

田舎にいると、クリスマスのことをうっかり忘れそうになるから困る。

界隈にこれほどクリスマスムードが漂わないというのもいっそ気持ちがいいくらいだが、忘れていると喜ぶ人間が確実にひとり存在するので、あたしだけは絶対に忘れてやらないと決めている。

「金ないわー」

ことあるごとに聞こえるような独り言を吐いて、プレゼントを買う余力のなさを嫁にアピールするダンナ。

許すまじ。

ということで、我が家の片隅にクリスマスコーナーを設置してやった。

07120180001.jpg

ほら。サンタさんが「クリスマスだよーん。プレゼント用意しろよーん」って言っている。

昨日仕事から帰ってきたダンナは、これを見て「ゲロゲロ」という顔をしていた。きっとサンタさん(女房)からのメッセージを読みとったのだろう。

何かくれ。

07120180002.jpg

それにしてもこの町の人たちは、どんなふうにクリスマスを過ごすのだろうか。

少し疑問に思ったので、お孫さんと暮らすおじいさんに「ツリーとか飾ります?」と訊いてみたところ、こんな答えが返ってきた。

「つりぃ?おお毎朝行っちょるよ。今度イカダでグレ釣るけん、一匹持ってきちゃろうか?」

ツリーじゃなく釣りの話になった。仕方がないので、付き合った。

このおじいさん、釣りの話になると長いんだよなあ。と後悔したが、仕方がない。ツリーなどと言ったあたしのほうが悪いのだ。生き生きと話すおじいちゃんに罪はない。

「新港でイカもアガりようけんねえ」

07120180003.jpg

イカかあ……。

クリスマスにイカはちょっとなあ。やっぱチキンが食べたいなあ。

あたりまえのようにケンタッキーフライドチキンを口にしていたあの頃が、嘘みたいだ。人生にあたりまえなどありはしないのだ。

あたりまえの日々こそ大事にしよう。あたりまえの日々に感謝の祈りをささげよう。

だから神様。我が家に何とぞフライドチキンを!






いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。何とぞ今日もポチを!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

子供相談室

近所にCちゃんという中学生の女の子がいて、ときどきうちに遊びにくる。そして何かしら相談事を持ちかけてくる。

うちには子供がいないので、子供から相談なんかされちゃうと、妙な使命感で緊張する。

このまえは生理痛についての相談を受けた。この痛みはいつまでも続くのかと訊かれたので、骨盤の開閉問題がネックなのだと説明した。

Cちゃんはちょっと困った顔をしていた。

なので、分かりやすく例えてあげることにした。

「新しい靴って足が入りにくいやろ?」
「うん」
「でも履いてるうちに、靴がちょっとずつ柔らかくなって、足が入りやすくなるやんか」
「うん」
「骨盤もそのうち柔らかく動くようになるからな、そしたら生理痛も楽になんねん。分かった?」

Cちゃんはやっぱり困ったような顔のままだった。無理もなかった。自分で例えておきながら、あたしも途中で自分が何を言おうとしているのか、完全に見失っていた。

どうしよう。

中学生と中年女。見つめ合ってお互いに困っていると、中学生が先に口を開いた。

「いつか痛くなくなるってこと?」
「うん。今がいちばん痛いんちゃうかな」
「わかった。ありがとう」

Cちゃんは大人の対応を見せると、ポケットからアメを一個くれた。相談にのってあげたゴホウビだろうか。グレープフルーツ味だった。

……いいのか、これで。

07120190001.jpg

そして昨日も、Cちゃんがあたしに相談に来た。

なんでもF君という男の子のことを好きになったらしいのだが、これからどうしたもんか。という相談事だった。実にむつかしー問題だ。

「コクりたいけど怖いしなー。フラれたら死ぬわー」

と、Cちゃんは言う。

あたしは昔から『フラれても死なへんわ』派だったのでイケイケドンドンだったのだが、どうやらCちゃんは違うみたいだ。どうしよう。難しすぎ。

07120190003.jpg

結局昨日もろくなアドバイスができないまま、一緒に『エンゼルパイミニ』を一個ずつ食べて、片思いの素晴らしい点について語り合い、相談タイムは終了した。

Cちゃんはやっぱり、最後にアメを一個くれた。昨日はマスカット味だった。

「いつもアメ持ってんの?」

あたしが訊くと、

「うん。友達にあげる用」

と、Cちゃんは言った。

友達?

そう思わなくもなかったが、まあ仕方ない。尊敬されない自分が悪い。Cちゃんは悪くない。悪くないぞ、ぐすんぐすん。

07120190002.jpg

いつか尊敬されるようにがんばろう。ポジティブシンキン!







いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。Cちゃんの恋にぽちっとヨロシク!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

飼い主の品格

クウスケを連れて、ドライブに行くのは大好きだ。

07120210001.jpg

が、それにはひとつだけ問題がある。

行った先でクウスケがウンチ君をしてしまった場合、帰りにはそのウンチ君も車に乗せてやらなければならないということだ。

当然のことだが、ウンチ君はくさい。

どんなに厳重に閉じ込めても、ウンチ君のにおいはほんのわずかな隙間から、あたしたちに嫌がらせ行為をする。ウンチハラスメントだ。ウンハラだ。

「くさいなー。でもこれもクウスケの一部やからなー」

運転の途中で何気なくダンナが言ったセリフなのだが、なかなかいいことを言うなと思った。こんないいセリフは年に一回か、多くても二回しか出ないので、間違いなく今年最後だろう。

とろろ

ところでそんなウンチ君をちゃんと始末しない人が多いらしく、最近うちの近所にもこんな看板が目立つようになった。

07120210004.jpg

犬がとっても申し訳なさそうだが、犬じゃなくて飼い主が悪い。

すべては飼い主の自覚と責任の問題であって、犬にもウンチ君にも罪はない。ウンチ君に自覚や責任があるわけがない。あったら困る。めんどくさい。

だから。

07120210003.jpg

「この看板はちょっとひどないか?」

散歩の途中でダンナが言った。

言われてみるまでは気づかなかったが、確かにこの看板では、飼い主ではなく犬が悪いみたいだ。

「顔がもう悪モン扱いやんけ。犬のせいちゃうのに」
「まあねえ」
「それに、犬がふん!とか言うかいや」
「ウンチやから、ふん!なんやろけどね」
「せやったらもっとかわいいセリフあるやろ。ウッフンとか」
「ギャフンとか?」
「ダッフンダーとか」
「ダップン(脱糞)とか?」
「……え?ダップンって何?どういう意味?」

07120210002.jpg

山道の澄んだ空気に包まれながら、あたしは何が悲しくて、ダンナに『脱糞』の意味や漢字を説明しなければならなかったのだろう。

……こういう不幸な夫婦を増やさないためにも、ウンチ君は必ず持ち帰ってもわらねば。

気をつけましょうね、飼い主のみなさん。

07120210005.jpg









いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。今日もポチっとお願いします。うっふん。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


クリスマスリベンジ

ダンナにクリスマスプレゼントをもらった。

こんなの。

071222 (2)

ちなみにクウスケにはこんなの。

071222.jpg

どっちも同じペットショップで買ってきたこととか、レシートを見るとクウスケへのプレゼントのほうが80円高かったこととか、この靴にはポケットがついていてエサを隠せるようになっているので、クウスケにはさつまいもクッキーもついていたこととか、言いたいことはいろいろあるが、大人なので耐えたいと思う。

071222 (3)

文句を言っている暇もないほど、今日はとにかく忙しい。

ダンナは明日しか休みがないので、我が家では今夜クリスマスパーティーをする予定なのだ。

すでに酒は(たんまり)用意した。

あとはあたしが料理の準備をするだけだ。

ウィンナー王子であるダンナのピザには、ウィンナーをのせてやらないでおこうと思っている。嫁のかわいらしい復讐だと思えば、ダンナも耐えるしかないだろう。

071222 (4)

あ、やめろクウスケ!

とろろ

今日は飲みたいと思います。






いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。聖なるポチを今日もお願い!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


クリスマスダム

クリスマスムードが微塵もないと文句たらたらだった我がムーミン谷地方。

しかし実は一ヶ所だけイルミネーションが見られる場所があるらしいとの情報を入手し、昨日午後から出かけてみた。

それがここ『蛍湖』。

071224 (2)

蛍湖というのは、我が家から車で30分ほど走ったところにあるダム湖の愛称なのだが、その名のとおり5月6月にはこのあたり一帯に蛍が舞う。

なのでこれまで夜にしか来たことがなかったのだが、せっかくなので散策してみることにした。

071224 (3)

夜になれば大活躍する予定のスノーマン。明るい時間に見るとかなり頼りないのだが、大丈夫だろうか。ちゃんと主役を張れるのだろうか。

ていうか改めて画像で見ると、三人まとめて頼りなさそうだ。なんならスノーマンも家族みたいだ。いらないけど。

071224 (4)

最高50メートルの高さまで水が噴き上がるという噴水。

噴水なんて見たことのないクウスケを喜ばせてやろうと思ったのだが、どうやらお気に召さなかったらしい。怖いらしい。

ことごとく飼い主の期待を裏切るリアクションだが、まあ仕方ない。

それでも野鳥なら喜ぶだろうと思って、野鳥観察用の小屋へと場所を変えることにした。

すると。

071224 (5)

小屋の中だと安心するらしく、食い入るように噴水を見つめていた。どないやねん。

こんなオンボロシェルターのいったい何が安心なんだか、こいつの安全基準というものがあたしにはさっぱりワケわかめだ。

ちなみに外から見るとこんな感じ。

071224 (6)

夢中。

とろろ

そんなことをして時間をつぶしている間に夕方になり、イルミネーションに灯りが点った。

071224 (8)

無事、大活躍のスノーマン。両手が「わーい」ってなっている。

都会のイルミネーションに比べたらきっと地味に見えるだろうが、ダムの管理事務所のおっさんたちが必死に飾り付けた結果だと思えば、微笑ましい。

071224 (7)

メルヘン風。

071224.jpg

小林幸子風。

071224 (9)

最後に光のトンネルをくぐって駐車場へ。

場所がらなのか、みごとに一組のカップルさえおらず、子供連れの家族と犬連れの夫婦しかいなかった。

その子供のうちのひとりがクウスケを見て「ニャンニャン?」と訊いてきたので、「ワンニャンやで」と答えたあたしは悪い大人だろうか。

だって悔しかったんだもん。クウスケは犬だもん。猫じゃないもん。

とろろ

そんなこんなのクリスマスイブイブを過ごし、我が家のクリスマスは終わってしまったわけだが、世間ではやはり今日が本番なのだろう。

きっとみんな今日がホットだったりスウィートだったりするのだろう。羨ましいぞ。

071224 (1)

というわけで、みなさんにとって素敵なクリスマスイブになりますように!






メリークリックマスヽ(*´∀`)ノ 。よかったら今日もポチっとしてね!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

脂男

今年もあと残り一週間を切った。

毎年のことだが、早いなあと思う。年が明けて春が来たら、またひとつ年をとってしまう。このあたりで何とか引いてもらうわけにはいかないだろうか、神様。

07120250003.jpg

ところで今年の元旦に、ダンナがある目標を立てた。

『中性脂肪値を正常値内にまで落とすこと』

実におっさんくさい目標だが、おっさんなので仕方がない。正しい。

07120250001.jpg

おっさんは去年の健康診断で、中性脂肪値600超えという記録を叩きだした。正常値が150までなので、完全に異常だ。変態だ。変態おっさんだ。

なのでどうしたら変態おっさんじゃなくなるだろうかと夫婦であれこれ相談した結果、とりあえず三つの決まりごとを作った。

  1.夜8時半以降ものを食べないこと
  2.夕方の散歩は30分以上歩くこと
  3.お弁当にカップラーメンをプラスするのをやめること

07120250002.jpg

1と2に関してはすんなりと意見がまとまったが、3を決定するにあたって少しモメた。ダンナが「週に一度でもダメか」だの「ノンフライ麺でなんとか」だのと往生際の悪いことばかり言うからだ。

それで微妙にケンカになった。

「そんなんやから太んねん」
「太ってへんわ。脂肪分が多いだけじゃ」
「それを太ってる言うんやんか」
「ほんなら牛乳とかバターも太っとる言うんか」

笑ってしまった。我が家のルールでは笑ってしまったもんが負けだった。

仕方がないので、『週に一度のノンフライ麺』だけ許可することになった。

07120250004.jpg

そして四ヶ月後、会社の健康診断があった。

結果、中性脂肪値が275にまで下がっていた。もちろんまだ変態範囲内の数字ではあるが、半分以下にまで下がっていたのでほっとした。

三つの決まりをそのまま守り続ければ、秋の健康診断には変態じゃなくなっているはずだった。

なのに。

07120250005.jpg

このまえ返ってきた秋の健康診断の結果。

中性脂肪値  335。
医師の指示  高脂血症。食事・運動の見直し要。

「怒らへんから、正直に言いや」
「はい」
「ノンフライじゃないカップラーメン、週に一日以上食べてたな?」
「……食べてた」

07120250006.jpg

というわけで、また一から変態脱出計画再開だ。まだ年も明けていないのに、ダンナの来年の目標が、今年と同じであることが確定した。

痩せる気あんのか、あいつ。

・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・

で、おまえはおまえで、何やってんの?

07120250007.jpg

長すぎると思うよ?それ。






いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。変態でも変態じゃなくてもポチっとよろしく。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




大掃除の合間に

大掃除真只中。今日は朝から台所掃除と格闘中。

さすがにうんざりしてきたので、お昼ごはんのあと、クウスケを連れて歩くことにした。朝は灰色一色だった空が、青に変わっていて気持ちがよかった。

歩き始めてまもなく、いつもよく会う農家のおばさんに声をかけられた。

「おーい!クウちゃんよ!」

おばさんはいつもあたしのことをクウちゃんと呼ぶ。クウちゃんは犬の名前であって、あたしはクウちゃんではないのだが、仕方がないので返事をした。

「はーい!」

ダンナに『外面天使』と命名された笑顔で振り向くと、おばさんは大根の入った袋をあたしにくれた。重かった。

が、筋トレだと思うことにして、そのままクウスケと散歩を続けた。二の腕プルプルが少しはマシになるかもしれない。そんな期待あってのことだった。

07120260006.jpg

十分ほど歩いたところで、後悔した。腕がだるくなってきた。

毎日のクウスケの散歩のおかげで体力はあると思うのだが、自分に筋力と根性がないことを忘れていた。

どうしよう。

07120260005.jpg

仕方がないので、公園で休憩することにした。

07120260007.jpg

飼い主の痛みも知らず、公園を爆走するクウスケ。いいなあおまえは。二の腕プルプルとか気にしないでいられて。

こんなふうに四つんばいで走ったら、あたしの二の腕プルプルも消えてなくなってくれるのだろうか。

07120260009.jpg

いやいや、やらないから。誘うようにこっち見ないでくれる?

07120260008.jpg

広い公園を端から端まで走りまわって楽しそうなクウスケ。それを眺めるフリなんかしながら、実は体力チャージ中の飼い主。

チャージ完了後に名前を呼ぶと、クウスケはちゃんと全力疾走で戻ってくる。

基本的にはバカ犬だが、これだけは褒めてやっていいと思う。

07120260010.jpg

うわ。肉球どろどろ。

帰ったらすぐに風呂場で洗わないといけなくなってしまった。仕事が増えた。

手足くらい自分で洗ってくれたら楽なのにな、などと思いながら、また重たい大根をぶら下げ、30分ほどの道のりを家まで帰った。

そんな苦楽を共にした大根がこれ。

07120260011.jpg

今夜はふろふき大根を作るんだー♪






いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。プルプル予防にぽちっとよろしく。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

年末のご挨拶

これが(たぶん)今年最後の更新になる予定です。

さすがに年末は忙しい。いつもぼぉーっと暮らしているので、この展開についていけない。

そのうえ今朝母親が西宮から襲撃してきたので、忙しさにうっとうしさまで加わってしまった。

母親はとにかくずーっと喋り続けているので、ずーっと相槌を打ち続けなければならない。おかげで首がぐらんぐらんになってきた。もしかするとそのうち取れるかもしれない。どうしよう。

が、このくだらないブログを読んでくださっているみなさんに、きちんと年末のご挨拶だけはしたかったので、「眠くない」と言い張る母親を半ば無理やり布団のなかに押し込んでやった。

「昼寝はボケ防止になるらしいで」

この一言がけっこう効いたみたいだ。テキトーに作った言葉なんだけどな。

07120260004.jpg

9月の終わりからブログを始めて、三か月。まさかこんなに楽しいことになるとは、予想GUYでした。

何が楽しいって、コメント欄がいちばん楽しかったです。

自分がブログを書くことよりも、みなさんのコメントを読んだり、みなさんのブログに遊びに行ったりするほうが、ずっとずっとおもしろかったです。

笑ったり、ほっとしたり、励まされたりしていました。

会ったこともない人たちなのに、とても不思議だなと思います。こういうのってあるんですね。未知の世界でした。未知との遭遇(古っ)です。

07120260001.jpg

なので自分も読んでくださるみなさんに、少しでも笑ってもらえたり、ほっとしてもらえる内容のことを書いていきたい。

いつからかそう思うようになりました(励ますのはたぶん無理だと思うので、無理はしないことにしました)。

ブログを始めた当初は、たくさんの人に読んでもらうことを目標のようにしていましたが、完全に目標がすり替わってしまいました。

でもそのほうが自分には向いていたみたいです。気負いなくブログと向き合えるようになりました。

07120260002.jpg

なので来年からもそんな感じで、こんなアホブログを読んでくださるアホウな心の広いみなさんに少しでも笑ってもらったり、ほっとしてもらえるような内容のことを書いていきたいと思っています。

よかったら、来年もお付き合いください。

ほんとうにありがとうございました。

07120260003.jpg

最後になりましたが、いいお年を!






いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。今年最後のポチをよろしく?。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。