スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年を迎えて

新しい年が始まった。まずはあけましておめでとうございます。

0801030001.jpg

まっさらな一年というのは、なんとなく気持ちがいいものだ。何か新しいことができそうな気持ちになれる。自分までまっさらになったような、そんな気がする。

0801030003.jpg

おばちゃんのくせにまっさらなんてド厚かましいと思われる方がいらっしゃるかもしれないが、おばちゃんにはおばちゃんなりのまっさらな状態というのがあるのだ。断固としてあるのだ。なきゃ困るのだ。

アンダスタン?

0801030002.jpg

ところでこの大晦日は、高知も寒かった。わずかながら雪もぱらついていた。

せっかくなのでそんな白い景色を利用して、神聖な気持ちで新年を迎えてやろうと思ったのだが、なぜかこの手がワインのコルクを抜いてしまったので無理だった。

気がつくと陽気に歌い踊っていた。

0801030004.jpg

曲目は『犬のおまわりさん』。家族三人で大合唱。

真夜中、ワンワンワワンのフレーズのたびに、シッポをぐりんぐりん振り回されるハメになったクウスケは、さぞかし迷惑だったことだろう。反省。

0801030005.jpg

と、今年もそんなアホ家族ではありますが、みなさんどうぞよろしくお願いいたします。

みなさんにとっても我が家にとっても、素敵な一年になるといいですね!

とろろ

あ、それから年末にテンプレートを変えたのですが、トップのネズミのシルエットのなかに、ときどき赤いネズミが出没することがあるらしいです。

それをみっけると、ラッキーらしいです。

なのでみなさんにもぜひみっけてほしいので、勝手に『ミッケーマウス』と命名することに決めました。某なんとかランドのネズミの名前をパクった疑惑がうっすらとしますが、違います。オリジナルです。

というわけで、ぜひみっけてね!ミッケーマウス!








去年はいっぱいクリックしてくれてありがとう。ヽ(*´∀`)ノ 。今年もまたお願いしまーす。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーサイト

一年のいちばん最初の日

年が明けて四日が過ぎ、すでに消えつつあるお正月ムードがなんとなく寂しい今日この頃。

別にクリスマスプレゼントがあんなもんだったからという理由ではなく、最近はクリスマスよりお正月のほうがはるかに好きだ。

理由はたぶんクリスマスが、浮かれバカップルや子供たちのためのイベントのような気がしてしまうからだろう。ロマンチックやメルヘンの世界に、オッサンオバハンは入りにくい。

というわけで、元旦の話を。

0801040004.jpg

ここは宇和島市にある『和霊神社』。午後からみんなで初詣に出かけた。

家からは車で往復三時間くらいかかるのだが、この神社が我が家にはなんとなく合うような気が(勝手に)しているので、初詣はここに決めている。

何かの本で昔読んだ覚えがあるのだが、柏手というのは神様に気づいてもらうために、しっかりと打ったほうがいいらしい。

その音が響けば響くほど、神様に祈りが届いているのだとかいないのだとか。

なのでめちゃくちゃ寒かったのだが、手袋を外して、夫婦で「せーの」で柏手を打った。うっさいわ!ぐらいの音が鳴ったので、間違いなく神様に気づいてもらえたことだろう。

初詣成功。

0801040002.jpg

年に一度の女房の晴れ着姿。

女心の分かるダンナなら「きれいだね。ううん、着物じゃなくて君がさ」という誉め言葉の一言ぐらい言えるのだろうが、うちのダンナには無理な話だ。

だが、せっかく母親がプレゼントしてくれたショールを見て、「ガッチャマンみたいでカッコええな」と言うのはどうなのだろう。

まさかとは思うが、それで誉めているつもりなのだろうか。

まああたしも「誰だ誰だ誰だ?♪」ってつい歌ってしまったのでいいのだが。そして歌ってしまってから、ガッチャマンの翼が白いことに気づいたのだが。

0801040003.jpg

それにしても寒い初詣だった。山には雪が積もっている。

宇和島はちょっぴり都会なので、寒さから逃げるためにファミレスに入り、遅い昼食をとることにした。

豊富すぎてくらくらするようなメニューを見て、最初はカキフライセットを注文しようと思ったのだが、「うん?待てよ。田舎では口にできないようなものを、ここでは食べるべきなのではないか?」ということに気付き、パスタとオニオングラタンスープを注文。

完全に田舎者脳になった自分が愛しい。

というわけで、十年ぶりくらいでオニオングラタンスープを飲んで、大満足。いい一年の始まりになった。

今年も人生楽しもーっと。






         ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとうヽ(*´∀`)ノ 。おポチ玉を今日もよろしく。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

今年の方向性

実は今年の初更新用に撮ったクウスケのボツ画像が二種類ある。

ボツになった理由は、飼い主の抱いていたイメージがことごとくこっぱミジンコにされてしまったからなのだが、もったいないので数日遅れで公開だけはすることにした。

とろろ

ボツ画像その一。

0801050002.jpg


中尾彬風にダンディーな感じで「みなさん、あけましておめでとう。君たちにとって今年も幸多い一年になるように、僕も心から祈っているよ」的キャプションをつけるつもりでいたのだが、だめだった。

どんなアングルで何枚撮っても、バカ息子の七五三みたいにしかならなかった。

なぜなんだろう。やはり問題は顔だろうか。顔に無理があるのだろうか。うーむ・・・。

とろろ

ボツ画像その二。

0801050001.jpg

100円ショップで買ったリボンを蝶ネクタイに見立てて、小粋なバーのマスター風にするつもりだったのだが、やはり挫折。

これじゃあいんちきマジシャンにしか見えないじゃないか。うさんくさすぎ。

というわけで失敗。

元旦に予定していた初更新が伸びたのは、実はこんな理由でした。ぜんぶクウスケが悪いんだからな。

0801050003.jpg

やはり無理せず、今年も『アホ犬一直線』の方向性を貫いていこうと思います。






ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとうございます。今日も帰りがけにポチっとしてね。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
         

おかんとあたしと時々クウスケ

最近の朝の散歩には、もれなく母親がついてくる。

0801070002.jpg

何でもずーっと鳴りやむことのなかった耳鳴りが、朝の散歩を始めてから、嘘みたいにピタリと止まったとか。

まあそれは何よりでいいのだが、こっちがおかんのくだらんトークで耳鳴りがしそうな勢いだ。

せっかく自然の中を歩いてるんだから、鳥のさえずりや波の音に耳を傾けたらどうなのか。

0801070004.jpg

何度もそう注意したのだが、喋ることで脳の活性化を図っているのだとかワケの分からないことを言って、娘の言うことなんかまるで聞かない。

「喋って脳を使っとかんとボケんねん。Oh!ノウ!」

とか言いやがる。ムカつくでしょ、これ。ムカつきますよね?

0801070003.jpg

で、たまに静かになったかと思えば、いつの間にかそばにはいなくて、しばらくするとズボンを上げながら戻ってきたり。

「マーキングしたった」

野ションかよっ。

勘弁してよ、もう。それじゃあクウスケと変わんないじゃないか。心なしかクウスケの後ろ姿が戸惑ってるじゃないか。

0801070005.jpg

とまあそんな具合なので、いつもは癒されるはずの朝の散歩で、あたしはいっこうに癒されない日々が続いている。

あたしはほんとうにこの人から生まれて、この人のDNAを引き継いでいるのだろうか。

できれば誰かに否定してもらえると嬉しいのだが、生まれて間もない頃の(天使のような)写真がしっかりとアルバムに残っているので、それはかなわぬ夢なのだろう。産まれちゃったんだろう、この人から。

0801070001.jpg

たったひとつ、いつでも笑顔なところだけは素晴らしいと思うけどね。





ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックどうもありがと。同情するならポチをくらさい。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

癒しの清流

母親が大きなお風呂に入りたいというので、車で約三十分ほど走って、四万十市まで行ってきた。

0801080007.jpg

四万十市にはもちろん四万十川が流れている。

なので母親だけを健康ランドにほうりこんでおいて、自分たちは(逃げるようにして)四万十川で遊ぶことにした。

ここが本当に『最後の清流』なのかどうかはともかくとして、あたしはこの広い川と河原の眺めが大好きだ。ほっとする。

0801080006.jpg

特にこんなふうに自然に蛇行した川の柔らかさがすごく好き。せせらぎの音も、眺めに合わせて優しいし。

0801080004.jpg

が、そんなせせらぎの音など知ったこっちゃないクウスケは、広い河原に大はしゃぎ。

『最後の清流』で走り回れるなんて、犬としてはけっこう幸せなことだと思うのだが、そんな感謝の気持ちなど微塵もないところが、ちょっと腹立つ。

0801080008.jpg

河口に向かって散歩がてら歩く。いい天気なので気持ちがいい。

年末年始の寒さが嘘のように暖かく、おかんのダジャレで凍りついた心が少しずつ溶かされていくようだ。できればこの暖かい心のまま生きていきたい。心の底からそう願う。

「忘れたふりして、このまま健康ランドにおいてこか?」
「おまえのおかんやったら、ぜったいに歩いてでも帰ってくるぞ」

確かにそうだ。途中に富士山レベルの障害物でも用意しない限り、ちんけな山の一つや二つ、あの人なら自力で越えてきそうだ。

おっかない。やめよう。

0801080005.jpg

川漁に使う小さな船が、ぽつりぽつりと留めてある。ボロボロの船なので、もしかしたらこの船を使っている人もボロボロのおじいちゃんだったりするのかもしれない。いいなあ。

ちなみに後ろに見えているのは、ガイドブックなどによく載っている赤鉄橋。

橋を向かって右に渡れば、すぐに四万十市の繁華街へと出ることができる。つまり繁華街のすぐそばに、こんな自然が残っているということだ。これもまたいいなあ。

0801080003.jpg

そして最後に川原で楽しいお弁当タイム。

インスタントみそ汁用のお湯も、食後のコーヒーも持ってきているので完璧だと思っていたら、クウスケ様のおやつを忘れていた。

しかたがないので、お弁当のごはんをおすそわけ。

0801080002.jpg

必死。

とろろ

と、そんな楽しい時間はあっという間に過ぎ、母親を迎えに行く約束の時間になってしまった。

あー迎えにいきたくない。こんな清らかな流れを見たあとで、あんなうるさいのに会いたくない。いっそ四万十川に流してしまいたい。おかんだったら黒潮に乗って、紀伊半島あたりにうまく流れ着きそうだし。

……などと妄想したところで、迎えにいかないわけにはいかない。親子に生まれた瞬間から、これがあたしの宿命なのだ。

0801080001.jpg

というわけで、さよなら四万十!またね!




ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとうございます。澄んだ川と澄んだあたしの心にポチを!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

奇跡は起こるか

昨日のちょっと続きの話。

実は四万十川に行く前に、その近くにある『一條神社』にも足を運んだ我が家。目的はクウスケのお守り購入。

犬一匹くらい飼い主がしっかりと護ってやればそれでいいようなものだとは思うが、微妙にうちは頼りがいのない二人組なので、ちょっとだけ神様のお手も拝借。よろしくね神様。

080110 (2)

まずは手足のお清めから。

水が苦手なクウスケを嫁がガッツリと押さえつけ、ダンナが肉球をきれいにするという今年初めての共同作業。

ふつうの夫婦ならダンナが犬を押さえつける係で、嫁がきれいに洗う係なのかもしれないが、我が家の担当はたぶんこれでいいのだと思う。

あ、社務所のなかにネコちゃん発見!

080110 (3)

……気持ちよさそうにお昼寝中。もしかしてこれは神がくれたチャンス!

080110 (6)

ほらクウスケ、おまえの苦手なニャンコ先生がおるで。けど先生は寝ておられるし、ガラス越しやねんから、ちょっとでいいから触ってみ?先生とこんなに近づいたことないやろ、おまえ。奇跡やな。正月早々奇跡が起こったな。

080110 (4)

な?ぜんぜん怖ないやろ?かわいいやろ、先生。せやからもう散歩の途中でニャンコに会うても、シッポ丸めて逃げたりしたらあかんで。これでもうニャンコとは友達なんやからな。わかったな?

うわ!起きてもた!

・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・

080110 (5)

やっぱあかんか。

とろろ

と、飼い主の期待は一瞬のうちに裏切られてしまったが、お守りはちゃんと手に入れた。

なのでさっそく四万十川にて装着完了。首からぶら下がっている肉球じるしがそう。500円。あたしのお守りと同じ値段。

080110.jpg

今年こそ、負け犬から卒業できますよーに!





ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとうございます。ヘタレクウスケに応援のポチを!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

思い出ボコボコ

昨日、高校の恩師であるN先生から年賀状が届いた。

元旦にあたしの年賀状を見てからいつも返事をくださるので、毎年遅いことは遅いのだが、今年は特に遅かったので、「ああ先生もとうとう死んだか」と勝手に決めつけていたところ、どうやら死んでいなかったみたいだ。

「旅に行っておりました」

……旅行に行けるほどお元気らしい。

0801110001.jpg

N先生にはとにかくいろんな武器でボコボコ殴られた思い出がある。

世の中にはいろんな殴り方があるのだなあということを、先生はあたしに教えてくれた。まあ別に教えてもらわなくて結構だったんだけど。

たとえばいくつか挙げてみると……。

平手、グー、出席簿、教科書の角、スリッパ、モップの柄、缶ペンケース、地球儀、プリントの束、『微笑』(ちょっぴりエッチな女性雑誌。あたしが鞄に隠し持ってたもの)などなど。

なかなかバラエティーに富んだ顔ぶれだ。ちなみに先生のグーパンチが群を抜いて痛かったけど。

0801110002.jpg

が、そんなにいろんなもので殴られたからと言って、あたしがN先生を恨んでいるかというと、当時からちっとも恨んでいない。

いろんなもので殴られるには、それ相応、いろんな理由がある。

これもいくつか挙げてみると……。

授業中に催眠術の練習をしていた、H先生の通勤用自転車のサドルを隠した、マラソン大会の途中で行方不明になった、チョークの代わりに黒板の前にタンポンを並べた、追試より「ニチイ」のバーゲンを優先した、文化祭の打ち上げでカルピスの中にブランデーを混ぜた、歌のテストの練習だと言ってカラオケスナックで歌っていた、などなど。

これも我ながらバラエティーに富んだ顔ぶれだ。やるな、あたし。

0801110003.jpg

N先生は生徒指導部の所属だったので、ことあるごとにあたしは生徒指導室に呼び出され、N先生からの長い説教を受ける羽目になった。

「毎回毎回、俺かて怒りたないんやぞ」
「ほんなら怒らへんかったらええんちゃうん?」

そんな空気の読めない発言をして、よけいに怒られたこともある。

今思うと、つくづく先生は大変だったと思う。申し訳ない。スンマソン。

0801110004.jpg

でも今はとっても爽やかに生きてますよ!ご安心を!



ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとうございます。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

ばあちゃんの夢

母親は今でもときどきこんな無茶を言う。

「孫、ほしいなあ」

0801120001.jpg

無理無理無理無理……。ぜってー無理。

ほしかったではなくほしいと現在形で言うところを見ると、どうやらまだ諦めきれていないようだが、ぜってー無理。

だってもうあたしほとんどオッサンなんだもん。女性ホルモン危ないもん。なんなら男性ホルモンの勢力に脅かされつつある今日この頃だもん。

だからいいかげん母親には諦めてもらわねば困るのだが、母親は子供が大好きなので、かすかな希望を捨てきれずにいるらしい。

「できたら孫は女の子がええなあ、かわいいから」

お、女の子かあ。

そりゃああたしも女の子はほしいなって思うけどね。

0801120002.jpg

とりあえず今は、これで我慢してもらえないだろうか。だめ?だめ?

0801120003.jpg

本人も頑張ってなりきってることだし。

……ね?




ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとうございます。かわいい娘にポチしてやってください。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

幸せ共同体

昨日の日曜日。家族で海へ行ってきた。もちろん『家族』のなかには愛犬クウスケも含まれている。

0801140003.jpg

天気予報で寒くなる寒くなると言うもんだから、ババ系下着完全装備で出かけたところ、とんでもなかった。じっとしていても寒くなんかないし、はしゃぐとすぐに汗をかくほどの陽気。

「そんな暑いんやったら、便所でパッチだけでも脱いでこいや」

……パッチとか言うな。一応『おしゃれ下着』って書いて売ってたんやからな。

0801140004.jpg

冬の海は濁りがなくて、とてもきれいだ。まるであたしの心みたいだ。

でも少し指をつけてみると、びっくりするくらい冷たかった。あたしの心は愛に溢れてぬっくぬくなので、どうやらそこは違うみたいだ。まじでまじで。

0801140002.jpg

海と空が青いと、テンションが上がるのはどうしてだろうか。自然と足が駈け出してしまう。

遠くにサーファーの人たちはいたが、この砂浜にはあたしたちしかいなかったので、走り放題のはしゃぎ放題。

朝のテレビで叶恭子さんが『グッドルッキングGUY』に囲まれているのだという話を聞いて、ええなーええなーと羨んでいたが、きれいな海ではしゃぎ放題というのも悪くないなという気がしてきた。

『グッドルッキングGUY』も『グッドルッキングDOG』もいないけど。

0801140001.jpg

……なんちゅうアホ顔だ。楽しそうすぎる。

0801140005.jpg

と思ったら、すでにヘロヘロ。

ちょっとはペース配分というものを考えたらどうなんだ、おまえは。アホだなあ、ほんとに。徹底的にアホだなあ。

0801140006.jpg

この海は水もきれいだけれど、砂も細かくてとてもきれいだ。

なのでクウスケの5センチにも満たない足跡でさえ、くっきりと残る。

クウスケは体重8キロなので、足跡だけでなく何もかもが小さい。目も耳も鼻も、時おり胸に耳をあてて聞いてみる心臓の鼓動も、ウンチだって小さい。

その小さなすべてを使ってめいっぱい生きている存在だからこそ愛しいし、あたしたちよりもはるかに短い一生だと知っているからこそ、少しでも幸せにしてやりたいと思う。

義務なんかじゃなく、そういう立場にいられる自分が幸せだと思える。

昨日ドリアンぶたまるさんのブログで野良猫虐待の記事を読んだおかげで、改めてそんなことを考えた。

0801140007.jpg

アホ顔でもいいよ。楽しそうにしてくれてると、うれしいよ。

……ついでに、うしろのおっさんもね。

0801140008.jpg

なので突然引っぱられて転んだことも許してやろう。あれはあたしの足を引っかけたでっかい流木が悪いんだな。あんなところに埋まってる流木が悪い。引っぱったおまえも、転んだあたしも悪くない。

……でもこのアゴのすり傷だけは何とかならんもんだろうか。





ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

ポチしてくれたら、アゴのひりひりが治るかも。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

全力疾走の許される場所

昨日の記事をブログにUPした二時間くらいあとに、M田から電話がかかってきた。

「あの場所どこやねん。それくらい書いとけや。不親切やな」

0801150002.jpg

聞くところによると、M田は最近高知県の地図を手に入れたらしく、あたしのブログを読みながら、その場所に行ったつもりになりつつ、ビールを飲むのが趣味なのだとか。

まあどんな趣味を持とうがヤツの勝手なので結構なのだが、問題なのはどうしていちいちヤツがエラそうなのかということだ。

「ねえねえ、あの場所どこなの?知りたいな、私。書いといてくれると嬉しいんだけど、これって私のワガママなのかなあ。え?ほんと?書いてくれるの?やんぴぃってやっさしー」

くらいのことが言えんのか。

まあ言ったら言ったでキモいけど。キモいっていうか、むしろ怖いけど。

0801150005.jpg

でも確かに場所の説明くらいはするべきだったのかもしれない。それでなくても人少ないし。いいところなので、みんなに来てもらいたいし。

というわけで改めて紹介します。

0801150003.jpg

ここは四万十川の東、黒潮町にある入野という海。

『砂浜そのものが美術館』というコンセプトがあるらしく、砂浜を会場にしてTシャツアート展やキルト展が開かれたりする楽しい場所だ。

0801150001.jpg

我が家はもっぱらここにお弁当を食べに来るのが目的なのだが、なかなか素敵なお弁当ポイントもいっぱいある。

こういう場所で食べると、「面倒くせーなー」と思いつつ、いやいや作ったはずのお弁当も、美味しかったりするから不思議だ。

隠し味の『愛情』だって、今日は込めたおぼえなどないのに。

0801150004.jpg

お弁当を公園で食べたあと、このクジラの背中をテーブルにして、海を見ながらコーヒーを飲むのが、我が家のパターン。つまり、(犬だけに)ワンパターン。

海だけじゃなく、広い芝生や公園があったり、散策コースやスポーツ施設がそろっているのも、アクティブでなかなかいい感じ。

0801150007.jpg

そして何より嬉しいのは、いつ来ても人が少ないこと。

なので人目を気にすることなく、おっさんおばはんでもはしゃぐことができる。これは嬉しい。おばはんの全力疾走が許される場所など、バーゲン会場以外、そうはないはず。

なので走る。元陸上部と元ラグビー部と牛柄犬が走る。

……見たい?

0801150006.jpg

なかなか立派な休憩所もあるので、よかったらみなさん遊びにきてください。

運がよければ(悪ければ?)、走るやんぴぃ一家を見られるかもしれません。そのときはぜひ、声をかけてくださいね。

もれなくクウスケからの熱烈KISSがついてきますよ!





ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとうございます。全力疾走のエネルギーにポチを!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

おかん去る

朝早く、眠っているクウスケを叩き起こし、

0801170002.jpg

強引なツーショット撮影を敢行してから、

0801170003.jpg

母親が西宮に帰って行っ(てくれ)た。

0801170004.jpg

手を振って、駅のホームへと消えていくおかん。

ふつうはこんなとき両の瞼が熱くなるものだと思うのだが、残念ながら片方の瞼さえ熱くならない。

代わりに片手ではなく両手を振ってやったところ、なぜそんなに嬉しそうなんだと、母親サイドからクレームがついた。

だってほんとに嬉しいんだもん。

0801170005.jpg

どんどん遠くなっていく列車。

本当におかんはあれに乗っているのだろうか。もしかして「帰ったと思ったかバカモノめ」などと言って、駅から飛び出してきたりしないだろうか。

しばらくはそんな不安が消えなかったが、五分ほど待って、やっと信じることができた。

あたしは自由だ!

とろろ

というわけで現在自由を満喫中。

図書館に寄って本を借りたり、コーヒーを飲みながらその本を読んだり、庭の野菜に肥料をやったり、録画しておいた『天と地と』を観たり、クウスケとじゃれあって遊んだり。

ああこれがあたしの日常。おかえりなさい静かな時間。

0801170001.jpg

静かすぎて、ちょっと寂しいような気もするけどね。



ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとうございます。静けさに響くポチの音?。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


似たくないもの

歩く騒音マシーンが消え去り、ようやく我が家の朝の散歩にいつもの静けさが戻ってきた。

080118 (3)

静かだ。ほんとうに静かだ。これでこそあたしの愛している町だ。

波の音が聴こえる。鳥のさえずりが聴こえる。風に揺れる木々の音も、港を出る船のエンジン音も聴こえる。そして何より、くだらないダジャレを言う人間はもういない。

落ちているブンタンに気づくたび、「わしゃー菅原ブンタンじゃけん」という低レベルなダジャレをまた聞かされるのではないかという、無駄な恐怖心もなくなった。

すばらしい。

080118.jpg

世間では一般的に、年をとると娘は母親に似てくるなどととんでもないことが言われているらしいが、うちの場合は断じて違う。似ていない。

ていうか、似てたまるかと思っている。

080118 (4)

そして世間では一般的に、こんなことも言われているらしい。

080118 (1)

長く飼えば飼うほど、ペットは飼い主に似てくるものだ。


・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・


080118 (2)

あ、あれ?どうした?嬉しくない?……why?




ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとう!今日もポチっとしてほしいじゃけん!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

ニャンコ先生のひとりごと

毎朝のように見かける猫がいる。

とろろ

0801190001.jpg

クロネコ 「おうおはよう。今日もポカポカとあったかいなあ。さすが南国高知やな。さっき港でアホほど魚食うたせいか、なんや眠うてしゃあないわ。こんなんやと警戒心もなくなるっちゅうねん。おっ、向こうからクウスケが来よった」

0801190002.jpg

クロネコ 「あーあー、あいかわらずヘタレくさい顔しとんな。まあ他の犬と違うて逃げんで済むから、こっちとしてはラクでええけどな。どうせ向こうがシッポ垂らして逃げんねやし」

0801190004.jpg

クロネコ 「と思たら、なんやご丁寧に挨拶してくれるんかいな。そらおおきに。元気しとるか、クウスケ。ワシは元気やで。お、首輪が新しなってるやん。迷彩やろ、それ。てことは今年はソルジャーな感じでいくんかいな。ほんならもっと強ならなあかんで。男やろ、おまえ」

0801190005.jpg

クロネコ 「ていうか、ワシなんにもしてへんのに、なんでそんな力抜けてもとんねん。知らん犬が見たら、ワシがいじめてるみたいに見えるやんか。勘弁してえな。何のおぼし召しか知らんけど、同じ白黒柄なんやから、もっとフレンドリーな感じでいこうや。な、ソルジャー君」

0801190006.jpg

クロネコ 「あ、逃げよった」

0801190003.jpg

クロネコ 「迷彩柄の首輪が泣いてるでー」

とろろ

……と、ニャンコ先生に思われていないかどうか、とっても心配な今日この頃です。




ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとうございます。ニャンコ派の人もポチしてね。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

強迫に屈す

あたしはこれまで誰の脅迫にも屈したことなどなかったが、今回とうとう人の脅迫に屈しなければならないときがきた。

いつもコメントをブヒブヒくださるドリアンぶたまる氏。

彼が今、このようなサイトにハマってしまっているらしく、自分ちのニャンコでは遊び足りなくなってしまったのか、

「クウスケでも作れ。作らんと味噌カツ爆弾を高知に向かって飛ばすからな。四万十川を八丁味噌色に染めてくれるわ」

などという脅迫状を名古屋方面から送りつけてきた(気がする)ので、仕方なく従うことにした。

最後の清流を守るため。尾張と土佐の友好関係を保つため。仕方なくクウスケの身を捧げることに。

というわけで、どうぞ。







cosmo.jpg








あと、カッコいいバージョンも作りました。

どうぞ。







cosmo (2)







いっぱい作って遊んじゃった?。楽しかった?。

実は自分を『SEVENTEEN』の表紙にして笑いを取ろうとしたのだが、痛すぎてとても笑えなかった、というのはナイショの話。えへへへ。



ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとうございます。体を張ったクウスケにポチっと。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

バブル被害

昨日今日とずっと雨が降っている。

このド田舎で雨なんか降られると、人も犬もどこにも遊びに行くことができなくて退屈だ。

仕方がないので、昨日は録画してあった映画『バブルへGO!』を、缶ビールでも飲みながらダンナと観ようということになった。

昼間っからビールなんか飲むと、一日がアルコールまみれで終わってしまうので危険なのだが、仕方がない。雨が悪い。ビールもあたしも悪くない。悪くないぞ。

0801210002.jpg

『バブルへGO!』は、バブル崩壊を食い止めるために、広末涼子が現代からバブル真只中の東京へタイムスリップするという話なのだが、バブル時代を満喫していたあたしたちには、なかなか懐かしい場面があって楽しかった。

その当時、あたしとダンナは気の合う遊び友達だったのだが、しょっちゅう二人でミナミだ神戸だと飲み歩いていたのだ。

「あのときオマエにおごったった飲み代貯めとったら、バイクの一台くらい絶対に買えたぞ。おごらんかったらよかったわ」

などと言われてしまったのは心外だが、否定はしない。たぶんそれくらい飲んでやった記憶がある。今さらだが、ごちそーさん。

でも結婚するって分かってたら、あたしだってあんなには飲まなかった。まさかコイツと結婚するなんて一ミクロンも思ってなかったから欲望のままに飲んだのに、想定GUYだ。

恋というのはつくづく人生を狂わせるもんだね。

そういう意味では、我が家もバブル崩壊の被害者だね。

……などとアホなことを考えているあいだに、クウスケがまたやらかしてくれたようだ。

0801210003.jpg

「何が?」みたいな顔してるけど、さっきの話、聞いてたのかおまえは。うちはバブル崩壊の被害者だって言っただろう。お金なんてないんだからな。飲んじゃったんだからな、バブルの頃に。だいたいそのオモチャいくらしたと思ってるんだ。105円だぞ、105円。

0801210001.jpg

「105円くらいで何でそんな怒ってんの?」みたいな顔するんじゃない。たった105円だって、一生懸命働いて稼いだお金なんだぞ。汗と涙の結晶なんだぞ。……ってまあおかあちゃんの汗と涙じゃないけどね。とーちゃんひとりの汗と涙なんだけどね。

0801210004.jpg

にしてもだ、こんなふうに破壊しちゃったら、オモチャがどんどんなくなっていって、困るのはオマエなんだからな。オマエは『川島なお美んちのシナモンちゃん』じゃないんだぞ。『やんぴぃんちのクウスケ君』なんだからな。残念ながら、いくらだってオモチャを買ってやれるわけじゃないんだ、覚えとけ。

0801210005.jpg

それにしてももったいない。クウスケのカツラでも作ろっかなー。



ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとうございます。バブルへポチ!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

67歳の挑戦

今日もあいにくの雨模様。

雨だと娘が退屈なので相手をしてもらえると分かっているらしく、朝からすでに四回も母親から電話がかかってきている。

「写真、どの箱にビャーってやったらええん?」

0801220004.jpg

他人にはおそらく意味不明と思われるこの質問。娘のあたしにはかろうじて分かる。

なぜか突然あたしと同じノートパソコンを購入し、パソコンの練習を始めたおかん。今日はどうやらデジカメ写真の取り込みに朝からトライしているらしい。

つまり。

「取り込みたい写真をどのフォルダにドラッグすればいいのだろうか」

というのがおかんの質問の内容なわけだが、分かりにくすぎる。イラっとする。

0801220003.jpg

それでもまああの年になって新しいことを始めようとするのはいいことだと思うし、娘として母からの質問にはできるだけ親切丁寧に答えてやりたいとは考えている。

だから。

「も、もしもし!消えてん!お母さんが消えてん!」

などという、警察の人が聞いたら間違いなく事件にされてしまいそうな電話の声にも、動じないよう心がけている。

0801220001.jpg

「はいはい。で、何したら消えたん?」
「ビャーってやってん。せやのに箱に入ってへんねん。その前にビャーってしたお寺の写真はあんねんで?せやのにお母さんは入ってへんねん」
「ほんならビャーってした箱を間違えたんちゃう?その下の箱でも開いてみ?」
「下?」
「まあ上でもええけど」
「上?」
「どっちでもええから、開いてみって」
「二回カチカチってやったらええの?」
「そう」
「……(数分経過)あ、あったあった。何でやろ。何でこんなとこに入ってんねんやろ」
「自分がそこに入れたからやろ」
「えー、お母さん入れてへんでー。何でやろ、調子悪いなあ」

パソコンの不具合らしいです。

0801220005.jpg

と、こんな調子の会話を朝から四度もやっているので、正直もう電話が鳴るのが怖くて怖くて仕方がない。

なんなら居留守でも使ってやりたい心境なのだが、不思議とおかんには居留守がバレてしまうので、「薄情な娘やな」とか何とかあとから文句を言われそうで、これもまたこれでうっとうしいのだ。

あー面倒くさい。親子ってほんとに面倒くさい。

0801220002.jpg

そりゃ、クウスケだって寝てられないっつーの。


ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもカチっとありがとうございます。ビャーってやる必要はないですよ?
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

無邪気攻撃

降り続いていた雨がやっと上がって、うっすらとした日差しが戻ってきた。嬉しい。

でもまあこの嬉しさを感じることができるのも、言ってみれば雨の日のおかげだ。雨の日があるから、日差しが嬉しい。幸せだらけの日々のなかにいると、幸せを意識するのは難しいのだ。

と、今日もいいことを言ったつもりになったところで、問題です。

これ、なーんだ?

0801230001.jpg

ピンポンピンポンビンボー♪(←正解のチャイム音やんぴぃ家バージョン)

まあ誰もがお分かりになったことだとは思うが、クウスケだ。すりガラス越し、まるでお昼のワイドショーに亭主の浮気を相談に来た主婦みたいに見える、クウスケだ。

せっかく日差しが出てきたというのに、家の中に入れてほしいらしい。寒いらしい。

二年くらい前までは、どんなに寒くても昼間は庭にいたがったのに、犬も老いると寒さがこたえるようになるのだろうか。

いっしょだなあ、あたしと。

と、そんなことを考えつつ放置していると、今度はこんな行動に出る。

0801230002.jpg

すりガラスを肉球でこすり続ける。

当たり具合によっては、とんでもなくいや?ん♪な音が出るこの攻撃。分かってやっているのだとしたら、敵もなかなかあなどれん。

こうなったらここはかつての最強時代を思い出し、クウスケが震え上がるようなメンチビームを放ってやろう。そして二度と『すりガラス肉球攻撃』ができないようにしてやろう。

飼い主の強さ、そして厳しさを、ヤツにたっぷりと見せつけてやるのだ!

などと思いつつ、すりガラスを勢いよく開けるとこんな顔。

0801230003.jpg

ビーム撃てないでしょ。無理でしょ、この顔。

「はいおいで」

そう言っちゃうのも仕方ないでしょ。

とろろ

世の中にはやはり無邪気さの勝利というものがあるようだ。動物や子供にはどうしたって勝てない。

窓を開けてダンナが同じ顔で座っていたとしたら、迷いなくかかと落としを食らわせることだってできるのに。頭の上にヒヨコが飛ぶくらい、思いっきりぶち込んでやれるのに。

……と、そんな無邪気さで勝利した犬が今はどうしているかというと。

0801230004.jpg

ぬっくぬっくの家の中から窓の外を見ています。これが勝利者の背中です。

You’re winner!




ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとうございます。ぜひともwinnerに賞賛のポチを。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


雪の降る朝に思うこと

昨日ようやく雨が上がって、今日は晴れると信じていたのに、カーテンを開けると曇り空だった。なんだかすごく裏切られた気分。しかも寒い。空気が冷たい。風も強い。

できることならこんな朝はコタツの世界の住人と化して、ぬっくぬく気分で『はなまるマーケット』でも観ていられれば幸せなのだが。

0801240001.jpg

コタツの前でそれを阻止する犬一匹。なかなか散歩に連れて行ってもらえないので、顔がちょっと怒ってる。

なんなんだろう、この優しさのなさ。飼い主を思いやる心というのが、こいつには微塵もないのだろうか。風邪をひくといけないから、今日はボク、お散歩ガマンするね。みたいな気持ちはないのかよ。

・・・・・・などと文句を言っていても仕方がない。

散歩は飼い主の義務みたいなもんだ。男らしく、ここは行こう。女だけど。

0801240003.jpg

と思って外に出たら、この景色。すぐにコタツの世界に帰りたくなったが、そんなことが許されるわけがない。

ね?ないよね?

0801240005.jpg

……だよねだよね。

仕方ない行こう。こうなったら今日は敢えてもっと寒さが厳しそうな、山の頂上に向かって歩こう。若い頃の苦労は買ってでもしろって、死んだ父が昔よく言っていた。それを今日は実践してみよう。

「今さら?」

天からそんな父親の声が聞こえてきそうな気もするけど、無視しよう。

0801240002.jpg

それにしてもいつも思うのだが、お尻の穴まるだしで歩いていて、犬というのは寒くないのだろうか。ぜったい冷えると思うんだけど。あたしなら間違いなく無理だけど(いろんな意味で)。

と、そんな実にくだらないことを考えながら歩いていると、空からふわふわと舞い落ちるものが。

0801240004.jpg

雪。フケみたいだけど、雪。

なぜなんだろう。雪が降ると、さっきまで怒りさえ覚えていた寒さが許せるような気持ちになってくる。

まあいいか、冬だもんなあ。

そんなふうに思って、心まで少し温かくなったような気分になる。今ならお尻の穴だって出せそうだ。嘘だ。

0801240006.jpg

というわけで結局雪がぱらつくなか、二時間近く歩いて帰ってきた。後半は寒さも忘れていた。ついでに言うと、お尻の穴問題も忘れていた。

やはり寒いからと言って温かい場所でじーっとうずくまっているよりも、多少は動いたほうがいいみたいだ。

散歩のあと、軽やかに家事に取り組むことができた。

お洗濯してぇ?洗いものしてぇ?掃除機かけてぇ?あたしってほんとに働き者のいいお・く・さ・ん♪みたいな気分になれた。

とろろ

で、そのあいだヤツがどうしているかというと。

0801240007.jpg

夢のなか。……こういうときはお尻の穴、守るんだなあ(『お尻の穴問題再び!』)。




ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとうございます。問題解決にご協力のポチを。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

ブンタンの正しい遊び方

今朝、農家の方からブンタンをいただいた。

080126 (5)

今年は母親が長期滞在していたせいで収穫のお手伝いに参加することができなかったのだが、わざわざ持ってきてくださったのだ。

もちろん「次は頼むで」というメッセージが込められていることは理解している。了解!

080126 (8)

ところで土佐の名産物であるこのブンタン。

特に宇須々木という場所でとれるのものはかなり糖度が高いらしく、そのうえ水分も多いので、さっぱりと甘くてとても美味しい。

なのですぐにでも食べたいところではあるのだが、我が家にとってこの冬初めてのブンタンでもあるので、ダンナが帰ってきてから食べることに。

つくづく優しい嫁だなーあたし。結婚してよかったなーあいつ。

とろろ

というわけで、それまでの時間つぶしにクウスケと遊んであげようと思う。

080126.jpg

いいかクウスケ。こうしてブンタンにお目々を描いて?。

080126 (3)

ジャジャーン!ブンタン仮面?♪

・・・・・・・

って、あれ?なんかテンション低いね。

確かに予定外に気持ち悪い物体になりはしたものの、オマエを喜ばせようと思ってやったんだからさあ。分かってよ、そんな飼い主の気持ち。もう長い付き合いじゃないか。

080126 (4)

ほらほら、めっちゃお似合いやーん。

新しい友達だぞ、クウスケ。そうだなあ、名前は『クマンタン』ってどうかな。クマ+ブンタンで『クマンタン』。キュートなサウンドのいい名前でしょ。あたし天才。

って、コラ。

080126 (7)

クマンタンの仮面を外しちゃダメ。クマンタンは仮面を外されたら、引退しなきゃならないんだぞ。正体がばれちゃいけないんだ。そういう世界で生きてるんだ。それが覆面レスラーの宿命なんだ。タイガーマスクを知らんのか、おまえ。

080126 (9)

ピンチピンチ!クマンタン逃げて?っ!

080126 (2)

ああ?っクマンタンの正体がブンタンだってバレてしまったあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーっ。

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・・

080126 (6)

「だいじょうぶか、こいつ」的な目でご主人様を見ちゃダメ。楽しんで!人生は楽しんで!



ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとうございます。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

やっほーい!

ここのところダンナの仕事が忙しく、朝が早かったり、帰りが遅かったり、休みが不規則だったりなどしてうっとうしい日々が続いている。

昨日もほんとうは休みをもらえるはずだったのに、朝早く電話がかかってきて、午後から急遽出勤ということになってしまった。

思わずショボーン。

…………。

なんてするわけがないのだ、アホ家族だから。アホほどショボーンが似合わない人種はいないのだ。

というわけで、わずかな朝の時間を使って、あわてて「遊ぶぞ」ということになった。

とはいっても車にクウスケとコーヒーのポットを積み込んで、走りまわれる場所へ出かけるだけ。幸い空も晴れている。これはきっとあたしの日ごろの頑張りへの贈り物に違いない(「俺ちゃうんかいっ」)。

よし。準備完了。行くぞ!クウスケ!やっほーい!ってするぞ!

0801260002.jpg

やっほーい!

飼い主の期待を裏切ることなく、テンションあがりまくりのクウスケ。やはり家族そろってのお出かけのほうが、クウスケにとっても楽しいみたいだ。

そしてこんなクウスケの姿が、飼い主ふたりにごく簡単な幸せの在り方を教えてくれる。

そうだよね。みんなが元気で仲良く暮らせればそれでいいよね。

カニなんか別に食べられなくたっていいぞ!(出されたら食べるぞ!)。ガレージの屋根の波板が破れたままだってかまいやしないぞ!(屋根の意味ないぞ!)。ダウンジャケットをクリーニングに出せなくたって気にしないぞ!(値段を聞いてビビって持ち返ってきたぞ!)。

というわけで、やっほーい!

0801260001.jpg

そうだ。元気で仲良しなら、フリスビーがキャッチできないことくらいどうだっていい。

投げた瞬間にくわえようとして、顔面にフリスビーがぶっ刺さったって笑えばいいのだ。(クウスケが)痛いだけのことだ。

やっほーい!

0801260006.jpg

急斜面の途中で『マテ』だとか、そんなムチャぶりは無視していいぞ!

やっほーい!

0801260003.jpg

なんかよう分からんが、やっほーい!

0801260004.jpg

や、やっほーい?

0801260005.jpg

ていうか写真を並べてみて気づいたのだが、本気で『やっほーい』ってなっているのは、クウスケよりむしろダンナのほうなのではないだろうか。

もしかしてそんなにストレスがたまっているのだろうか。

嫌いなのかな、働くの。

……って、いかんいかん。そんなことには気づかなかったことにしよう。そうしよう。そして気づかなかったフリをして、「いってらっしゃーい」と笑顔で仕事に叩きだそう。うん、それがいい。決定。

0801260007.jpg

というわけで、とーちゃんが「こいつらのためにがんばろう」と思えるように、いつでも『やっほーい』ってしてような、クウスケ。

それがあたしらのお仕事だからね。

……重大任務だなあ。



ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

やっほーいと言いながらポチすると、(たぶん)あなたも幸せに!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


チョイ悪犬

年末にも書いたけれど、コメント欄を読むのがとっても楽しい今日この頃。いつもニヤニヤと読ませてもらっています。ありがとう。

ところでそんなみなさんからいただくコメントの中で圧倒的に多いのが、「クウスケ君かわいい」という、クウスケへの絶賛のお言葉の数々。

逆に「やんぴぃさんかわいい」というコメントがただの一度もないことには、きっとみんな照れ屋さんなんだなと思って、自己解決しています。ご心配なく。

と、今日はそんなクウスケの人気低落を図るため、クウスケの持つ『悪』の部分を公表しようと思います。むははははは(←悪っ)。

とろろ

それはついさっきのこと。

今日も高知は天気が悪く、寒いのでホットミルクを温めていると、匂いにつられてクウスケがそばにやってきた。なので少しだけミルクをおすそ分けしてやったのだが。

・・・・・・・・。

数秒後。背中に刺すような視線を感じて振り向くと、そこにはこんな顔があった。

0801290002.jpg

なんだろう、この「ミルクなくなりましたけど?」みたいな顔は。「おかわりプリーズ」みたいな厚かましい目つきは。

牛乳は脂肪分が高いので、基本的にはクウスケには飲ませないことに決めている。さっきのはまあなんていうか、『寒い日のスペシャルサービス』みたいなものだ。

スペシャルサービスはスペシャルなサービスなので、一日に二回も安売りするというわけにはいかない。それではスペシャルでなくなってしまう。

というわけで、無視していると。

0801290004.jpg

器をくわえて、頭を上下に揺さぶりだすクウスケ。どうやら「おかわり」を訴えているつもりらしいのだが、飼い主としてはこんな家庭内暴力的態度に屈するわけにはいかないので、もちろん無視の姿勢を崩さない。

おまえは『ザ・ブルーハーツ』の甲本ヒロトか。ライブハウスか、ここは。だったら勝手に『TRAIN TRAIN』でも歌ってろ。

そんな余裕のジョークをかましながら、これみよがしに「フン!」ってしてやると。

0801290001.jpg

なぜか今度は横振りを始めた。まあおそらく縦振りに首の筋肉が疲れてしまったからだと思うのだが、ほんとうにアホウな犬だなあと思う。

これくらいのことであたしがビビってミルクを差し出すとでも思っているのだろうか。

甘いよ、おまえ。あたいを誰だと思ってんだい?泣く子も笑わせるやんぴぃ様だよ?

080129.jpg

と、突然ヘッドバンディングを止めて、器をじゅうたんに戻すクウスケ。明らかに顔が疲れている。

まさかとは思うが、めまいか貧血でも起こしたのではないだろうか。アホだなー。つくづくアホだなー。

と、思っていたら。

0801290003.jpg

わざとらしく器を覗き込んで「エエッ!ミルクがないっ」みたいな、古典的ギャグを披露。どうやら暴力に訴えるのを諦めて、笑いをとる方向に走ったようだ。

が。

古いよ、おまえ。吉本新喜劇でも今どきそんなギャグやんないよ?

・・・・・・・・。

って、うわっ!

0801290005.jpg

さすがにこれには思わず笑ってしまいそうになった。やるな愛犬。腕を上げたな。やばいやばい。

でも笑ってないから、ミルクはダメ。諦めなさい。

ターイムリミット!

0801290006.jpg

と、完全に望みが断たれたことを理解するや否や、この態度。

その背中があたしを「ケチくせー女だな」とでも非難しているように見えるのは、あたしの被害妄想なんかではないはずだ。こいつはぜったい思ってるはずだ。喋れたら、「ケーチ!」って言ってるはずだ。

くっそー。ケチで言ってるわけじゃないのにー。クウスケの体のためなのにー。

0801290007.jpg

ね?性格悪いでしょ?



ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

クウスケに笑わされた人は負けですよー。諦めてポチっとしてくださーい。
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

散歩仲間

今朝は青空になるのを待って、散歩に出かけた。

0801300004.jpg

このコースを歩くとときどき出会う同じ地区内のおじさんに会って、少しだけ立ち話をした。

ほとんどが釣りの話だった。

あたしの場合、仕掛けも餌もすべてダンナまかせなので聞いてもほとんど理解不能なのだが、「あーなるほど。分かります分かります」的な態度で乗り切った。

小・中・高と親や先生に怒られるたびにやっていたことなので、こういうのは得意なのだ。

経験だなあ、なんでも。

0801300007.jpg

ところでこのおじさん、初めて会った数年前は、おそろしく愛想の悪い人だった。

「おはようございます」とあたしが(天使の)笑顔で挨拶をしても、完全なまでに無視されていた。かすかに反応はするものの、そそくさと通り過ぎて行ってしまうのだ。

ムカついた。

このあたしの(天使の)笑顔の(天使の)おはようございますを無視するなんて!と思っていた。

0801300001.jpg

だからこっちも意地になって、無視されても挨拶を続けてやった。

そこでやめたら『負け』のような気がしたからだ。(天使だけど)負けず嫌いなのだ。

0801300002.jpg

と、そんなある日、地区長の奥さんから、おじさんに関する話を聞く機会があった。

なんでもおじさんは阪神大震災の被災者で、被災をきっかけに自分が育ったこの町に戻ってきたものの、体調も精神状態もあまり優れないのだとか。

知らなかったこととはいえ、あたしはおじさんに悪かったなと思った。

自分が簡単におじさんのことを「感じの悪い人だ」と思いこんでいたからだ。やばかった。何も知らずに決めつけてしまうところだった。

誰だって見える傷には気づいてあげることができるけれど、見えない傷に気づいてあげるのは難しい。

おじさんは怪我人なんだなあ。まだ傷が痛いんだなあ。

そう思った。

0801300003.jpg

それと同時に、おじさんに対する親近感のようなものがそのとき湧いたのも事実だった。

なぜなら我が家が田舎への移住を決意したのも、震災がきっかけだったからだ。

0801300009.jpg

住んでいたマンションが傾いてしまって住めなくなり、家具や電化製品やほとんどの持ち物を失った。

一年が過ぎて、ようやく新しいマンションに移り、また一から頑張るぞーと思ったときに、今度は震災の煽りを受けてダンナの会社が閉鎖になった。

「あーそうか。人生のやつ、そうくるか」

当時のあたしの日記には、そんなことが書かれている。

「それなら好きに生きてやるぞ。とことん邪魔するつもりなら、とことん楽しんで生きてやるからな」

そんな開き直りに近い気持ちで、田舎への移住を決めたのだ。

貯金もほとんどなかったし、知っている人も誰一人としていなかったけれど、ただ海が好きだという理由と、勢いと、何とかなるだろうという持ち前の脳天気さだけで、あたしたちはこの町に移ってきた。

若かったなあと思う。実を言うとそんなに若くもなかったんだけど。

0801300008.jpg

でもそうして自分たちで迷って、決めて、覚悟してここに来られたことで、あたしたちの怪我は治ったのだと思う。

移住してからもちろんすべてが順調だったわけではないけれど、怪我がちゃんと治っていたから、あたしたちはきっとおじさんと違って、明るく暮らすことができたんだろう。

そんな話をある人にしたら、その人の口からおじさんの耳にその話が伝わったらしく、ある日急におじさんのほうからあたしに話しかけてきてくれた。

「西宮におったんやてな?」

関西弁だった。懐かしかった。

「西宮のどのへんやの?」
「甲子園です。球場のすぐ近くです」
「ほな阪神ファンか?」
「優勝Tシャツ三枚持ってます」
「俺も持っとんねん。せやけど今年はちょっといかんなあ」
「タイガースは十連敗しても最強ですよ」
「おお、ええこと言うやんか」

話が弾んだ。優勝Tシャツ持っててよかった。ありがとうタイガース。ありがとう甲子園球場。金本さん大好き。

0801300005.jpg

と、すっかり意気投合したあたしたち。

以来散歩で会うたびに立ち止まって世間話なんかをするのだが、今日の散歩で会ったときの、おじさんの第一声はこうだった。


「おっクウスケやん!カモンカモン!」


0801300006.jpg

カモンカモンて……。

最初に会ったときとキャラ変わっとるがな。

………やっぱ大阪のおっさんなんだね。




ニクキュウ ランキングに参加中です ニクキュウ

いつもクリックありがとうございます。今日もポチっとカモンカモン!
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。