スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クウ?クワナイ?

少し前のことだけれど
3年後に小惑星と衝突して
世界が終ってしまうという
小説を読んだ。

100313 (8)

とは言っても全然暗い内容じゃなくて
人や街が荒れて大変だった時期は過ぎ
小説の登場人物たちはみんな
残された時間を穏やかに
生きてる人ばかりなんだけど。

どっちかというと
優しい気持ちになれる内容だと思うんだけど。

100313 (5)

で、あたしがそれを
面白かったよと電話で言うと
友人Mも読んでみたいと言ったので
郵便で送ることした。

そしたら昨日、読み終えたMから
「おもしろかったでー」
という電話がかかってきた。

で、話は当然、
小説の内容のことになるわけだけど。

100313 (4)

その小説には
「たま」っていう名前の雑種犬が
ほんのちょい役で出てくる。

廃屋になった酒屋につながれている犬で
主人公の女の子が飼い主代わりになって
面倒を見ている。

彼女曰く
「美味しくなさそうでよかったね」
っていうたま。

どうも美味しそうな犬たちは
隕石衝突発表直後の混乱のなか
食べられちゃったようなのだ。

で。

100313 (6)

「あやこはどうする?クウを食う?」
などと、訊いてくるM。

ダジャレかよ。

てか。

「食べるわけないやん」
「美味しそうやのに?」

100313.jpg

いやまあ確かにモモのあたりとか
ぷりっぷりしてて、美味しそうだけど。

柄も食欲をそそる牛柄だし。

魚とか肉とか野菜とか
わりとちゃんとしたもの食べさせてるし。

100313 (2)

でもどうせ3年で世界は終わるのに
大切なものを失くして生きてもしょうがない。
それなら「腹へったなー」って思いながら
クウを抱きしめて死ぬほうがいい。

あたしがそう言うと、Mが笑った。

「旦那はどこ行ってん、旦那は」
「とっくに食べたわ」

・・・いや、冗談ですよ冗談ヾ(;´▽`A``。

100313 (7)

世界が終るよって聞かされても
結局今と変わらないんじゃないかな。
っていう気がするのは、あたしだけだろうか。

終わっちゃうもんは仕方がないし。

隕石なんか来なくても
どうせいつか死んじゃうんだし。

100313 (1)

そりゃきっと怖いに違いないとは思うけれど
どうしようもないことなら、それに振り回されるより
少しでも楽しい毎日を送りたい。

貴重な一日を
いや一秒たりとも無駄にしたくない。

「愛溢れる毎日を送らんとな」
と、あたしが言うと、
ひとりぼっちの自分はどうしたらいいんだと
寂しそうにMが言った。

「高知に来れば?」
「ええの?」
「ええよ」
「まさか私を食べるんちゃうやろな」

100313 (3)

ま、まっさかあ?(; ̄ー ̄川

バツイチ後数年。
絶賛彼氏募集中のM。

隕石衝突までに
見つかるといいねえ。




ビスケット 今日も読んでくれてどうもありがとう。2つのブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ クリック 応援クリックなどしていだだけると

 クリック ランキングが上がって喜びまーす


応援いつもありがとうございます。励みになってます。Mとは読書の趣味が合うので、話していて楽しいです。ほんとうは夫とも読んだ本の話とかしたいのですが、夫が読む本といえば、車の改造マニュアルとか、バイクのエンジンがあーだこーだとか、そんなのばかり。嬉しそうに「ボアアップするとどうたらこうたら」とか言われても分かんねーよ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。