スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供VSおっさん

うちに子供がいないせいもあると思うけれど
夫はどちらかというと子供が苦手だ。

嫌いなわけではなく、単に苦手。

夫曰く、どう接していいのか
分からないのだとか。

遊び方も怒り方も
加減が分からないのだとか。

100502 (5)

なので遊ぶときには
ついテンションを上げすぎてしまって
子供たちにヒカれてしまい
怒るときにはつい優しくなりすぎてしまって
子供たちにナメられてしまう。

100502 (7)

以前にもいちど
クウスケに小石を投げるクソガ・・・子供たちがいて
クウスケがとても怖がっていたため
夫が怒りにいったことがあった。

そしてあたしはその様子を
家のなかから
じっと見守っていたのだけれど。

100502 (2)

「ごめんなー、ワンコが怖がってるから
石投げんのやめたってくれるぅ?」

などという、まるで若いオネイチャンを
飲み屋で口説くオッサンのような
甘い口調が聞こえてきたときには
アフォかと思った。

そんなもんでクソガ…子供がおとなしく
イウコトなんて聞くわけねーだろ。と。

案の定子供たちサイドからは
「ワンコは怖がってない」だの
「遊んでるだけだ」だの
「ちっちゃい石しか投げてない」だの
イイワケの言葉しか返ってこなかったし。

100502 (9)

ま、そのあとあたしが

どかーん!!!

とドアを開けて出て行って
子供たちにはちゃんと謝らせたけども。

その様子は詳しくは書かないけども。
(てか書きたくないけども)

100502 (4)

子供たちを怒るはずだったのが玉砕し
逆に嫁に怒られる夫。

「あやちゃんが出てきた瞬間に
子供らの空気が変わったね」

って、それが怒るってことだろーが。

100502 (6)

と、そんな夫が先日
クウスケ小屋の修理をしているときに
近所の小学校6年生の女の子が
それを見て話しかけてきた。

彼女の家にもワンコがいるため
夫の作るニュークウスケ邸に
興味しんしんのようだった。

100502 (8)

夫が電ノコで材料を切っていく様子に
すごいだの、上手だのと
褒めちぎる彼女。

その絶妙な褒め言葉に
どんどん調子に乗っていく夫。

日ごろ褒められることが少ないせいか
夫はほんとうに嬉しそうだった。

なのに最後の最後になって。

100502 (3)

「ねえおっちゃん」
「なに?」

「おっちゃんって、足短いね」
「うっさいわ!!」

100502.jpg

褒めて褒めて
オトされる。

11歳にして夫の扱い方を
あっさり見抜く彼女もすごいけれど
40半ばにして見抜かれる夫も
ある意味すごいと思う。

さすがだなー、とーちゃん!!




ビスケット 今日も読んでくれてどうもありがとう。2つのブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ クリック 応援クリックなどしていだだけると

 クリック ランキングが上がって喜びまーす

応援いつもありがとうございます。多少テンションが高すぎようが、うっとうしかろうが、ちゃんと遊びに付き合ってくれる。夫にはやはりクウスケが最高の遊び相手のように思われます。ときどき本気で嫌がって、あたしのところに逃げてくるけど。あいかわらずお返事できないので、今日もコメント欄は閉じています。みなさまも楽しいお休みを。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。