スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負傷ちう

昨日のこと。

夜、クウの散歩から戻ってきた夫の
ジーンズの裾に
べっとりと血がついていた。

どうせどっかで擦りむいたんだろうと思い

「ナニ?初潮?」
「誰がやねんっ」

などとフザけていたら。

110602 (3)

流血していたのは夫ではなくて
クウスケだったことが判明。

しかも夫、気付いてないし。

足、ざっくり切れてんのに。

110602 (5)

とりあえず急いで止血をしてから車に飛び乗り
獣医を2件回ってみたけど
診療時間外で先生は不在。

市外の獣医さん3件にも
電話をしてみたけど誰も出ず。

ピ、ピンチやんっΣ( ̄ロ ̄lll)!!

110602 (6)

こういうときどうしてワンコには
救急医療制度がないんだ!と
いつも思う。

だけどそんなことを言ってても
仕方がない。

センセーがいないんなら
自分たちで何とかするしかない。

自分たちっていうか、自分だけど。

こういうとき夫はオロオロするだけで
何の役にも立たないし。

「やばいよーやばいよー」
って出川か、おまえは。

110602 (7)

結局時間を無駄にしただけで家に戻り
邪魔な毛をカットして傷口を見ると
なんとか出血は止まっていた。

なので傷口を水で洗って
滅菌ガーゼでしっかりと塞ぐ。

で、包帯でも負ければいいんだけど
てかいちどは巻いてみたんだけど
クウがおとなしくするはずもなく。

110602 (4)

長さは3センチにも満たないけれど
けっこう深くえぐれた傷。

クウがなめたりするとイケないので
昨日の夜はあたしが一晩じゅう
ガーゼを手で押さえて見張りながら
過ごすこととなりました。

徹夜です。

この年で徹夜はこたえます。

肌にも出ます。

鏡を見るたび「誰やねんおまえ」とびっくりします(0д0∥)

110602 (2)

が、どうやらそうして
傷口をしっかり守っていたのがよかったらしく
今朝一番で獣医さんに行ったら
傷口はけっこう塞がっていました。

「これなら縫わなくても治ると思います」

というセンセーの言葉を聞いて
どんだけホッとしたことか。

縫うなら全身麻酔なのかなって
ちょっと怖かったし。

犬の再生能力ってすごいなー。

110602 (8)

抗生物質をいただいたので
チーズにぶっこみ
5日間ほど飲ませることになりました。

こういう錠剤をクウが飲むのは初めてなので
大丈夫かなーと思っていたら。

110602 (9)

シャッタースピードが追いつかない速さで
あっさりとゴックン。

こういうとき
食い意地が張ってると助かるね♪

110602 (10)

あとは傷口が渇かないようにワセリンを縫って
様子を見ればいいそうです。

なんでもカサブタができると
ダメなんだってー。

外は治っていても
中がジュクジュクだったりするんだってー。

傷は乾燥に注意!

・・・昭和な頃と逆だねえ(^д^;)

110602 (1)

と、そんなこんなで
クウスケ君グッタリ。

同様に徹夜であたしもグッタリ。

今からクウのそばに並んで
惰眠をむさぼろうと思います。

おやすみなさい、みなさん。

よかったらクウスケの傷と
あたしの肌の再生を
お祈りください・・・。




 2つのブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ クリック クリックしていただけると

 クリック シッポを振る勢いで喜びます

応援いつもありがとうございます。クウの傷にまったく気付かなかったという夫。思い返すと、クウのリードを夫が思い切り引っ張ったときに、クウがコンクリートの側溝の角に後ろ足をぶつけた瞬間があったそうです。・・・・それやんけ(▼皿▼≠)!!というわけでケガをしたクウスケや徹夜明けのあたしよりも、夫はションボリと過ごしております。せいぜいションボリすればいいと思います。二度とこんなことがないよーにね!あ、クウの傷は大丈夫だし、食欲もあるのでご心配なく。今日はさすがに眠いので、コメント欄閉じさせていただきますね~。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。